畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.7.22

アントニ・ガウディとは誰か 磯崎新


7/10発売のブルータスが井上雄彦さんを通したガウディ特集だったのに即発され、久々に磯崎新さんの表題の書籍を読み返しつつ、ガウディと特にサグラダファミリアについて書いてみました。

アントニ・ガウディとはだれか

ガウディといえばサグラダファミリアで、サグラダファミリアといえばガウディです。他の国の人はどうなのかわかりませんが、日本人はかなりの割合でそう思っているんじゃないでしょうか。

サグラダファミリアとはなんなのか、磯崎さんの本によると1882年に着工した寄付金を集めて作られる贖罪教会で着工から100年が経過した今でも建設が続いてる。

実はガウディのオリジナルの図面も石工模型も、内戦の影響でほとんど残っておらずわずかに残ったスケッチや模型の残骸から工事を続行している。他様々な事情をふまえて建設反対運動が起こったことがある等々です。

日本にいてガウディの事を漠然と考えていた時は建設反対運動なんて思いも依らず、知った時にはびっくりしました。

6年程前にスペイン旅行の際ミーハー気分でサグラダファミリアにも行きました。現在の写真を見るとその頃と比べても遥かに工事が進んでいてびっくりしました。子供の頃には、200年後に完成する等と言われていたのにいつの間にかあと20年足らずで完成するとも言われていますが、その一番の要因は鉄筋コンクリートの採用です。

gaudi_2サグラダファミリアを見ての印象は、生誕の門は石の積み重なった重量感と富士壺のような壁面、彫刻のどれもが一体となっていて美しい造形を作り出していましたが、現在建設中の部分は、フォルムはとても美しかったのですがなんとなく今ひとつでした。鉄筋で骨組みを作り、外の造形としてコンクリートを型に流し入れ「ガウディ建築」を作っていく。

この「ガウディ建築」の作り方で重要視されているのが、視覚的に認識しやすいガウディの造形的な部分だけで、「逆さつり天井の模型実験」をはじめとした合理的実践主義の部分が少し排除されているように感じてしまったからかもしれません。

gaudi_3フォルムの美しさでは比べるべくもありませんが、ある意味ディズニーランドのシンデレラ城を見ているかのような気分になってしまいました。

とは言いつつもやはり完成したらその姿を見てみたい心情は隠しきれず、門外漢として2026年のそのときを静かに待ちたいと思っています。

アントニ・ガウディとはだれか


縞模様の歴史

関連記事

アイコニックカルタ サンクポワン

サンクポワン 現代建築アイコニックカルタ

Play with Architecture! をコンセプトに建築家が手がけるブランドCinqpoints(サンク・ポワン)が送るアイコニックカルタ。

安藤忠雄 ポートレイト

安藤忠雄展 -挑戦- 六本木新国立美術館にて

安藤忠雄 挑戦展が六本木新国立美術館で開催中です。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

アーティストインレジデンス

トランジットジェネラルオフィス × ビームス 東京っぽさ

ビームスの作ったオフィス・アパートメントはとても東京っぽいです。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

神奈川県立近代美術館

神奈川県立近代美術館 鎌倉 石井尚志 坂倉準三

20世紀日本を代表する建築家、坂倉準三の建てた日本で最初の近代美術館、神奈川県立近代美術館 鎌倉館が2016年1月に閉館となります。

bauhaus

The Bauhaus バウハウスの美術品32,000点が無料で公開

ハーヴァード大学に寄贈されてきたバウハウス卒業生の作品がオンラインアーカイブとして公開されました。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト