畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2013.8.5

個の喪失と尊重 アンドレアス・グルスキー


Andreas-Gursky高解像度で撮影された写真を photoshop等でレタッチするため細部を拡大することがよくあります。引きで撮った何気ないスナップ写真でも細部を拡大すると思わぬ人間の表情や動きに気がつくことがあります。

アンドレアス・グルスキーの展覧会ではそんな何気ない「気付き」がハイエンドな手法を使ってわかり易くかつマッシブに展示されていました。

アメリカの99セントストアとかポスターにもなったカミオカンデの写真とか、すみずみまでディテールが再現された写真が縦3,4メートルぐらいはあろうかという巨大プリントで展示されていて、その広範な画角とリズミカルに切り取られた対象物が印象的に表現されています。

写真の細部で描かれている一つ一つのオブジェクトの独立性を巨大プリントでマクロな視点から眺めた時、オブジェクトの独立性は無視されて一つの大きな規則とシークエンスに飲み込まれていくように見えたため、最初は人工物に飲み込まれた社会の個の喪失を描いているのかと思いました。

展覧会を見進めて行くうち規則性にただ飲み込まれているかに思えるオブジェクト、牛舎にいる牛や、F1のピットで働く人々、ツール・ド・フランスの観客などディテールがどうしても気になってしまい細部に目が行ってしまう自分に気が付きました。

よく注意を払ってみるとそこかしこでピピピという音が聞こえます。これは展示物に接近しすぎた時に鳴るセンサーでつまり至る所でいろんな人が写真の細部を確認しようと写真に近づき目を凝らしているわけです。

一つの大きな美しい 模様に閉じ込められた小さな人々がそれぞれが生き生きと活動している様をとらえたこれらの写真の主題は、実は個の喪失だけではなくむしろ個の尊重にもあるのかもしれないと感じさせてくれます。

Andreas Gursky


縞模様の歴史

関連記事

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオオリンピック閉会式、豪華な日本のプレゼンでした。

カール・ラガーフェルド

太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール・ラガーフェルド写真展 シュタイデル

シャネルネクサスホールにてカール・ラガーフェルドの写真展が開催されます。

ミシェル・ブラジー

「リビングルームⅡ」 ミシェル・ブラジー展 メゾン・エルメス

生命の誕生と朽ち果てる文化のような両極を感じさせるアート。

ソール・ライター

ソール・ライター展 Bunkamura

Bunkamuraでまた面白そうな展示がスタートしました。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

ローラン・グラッソ

ローラン・グラッソ展|メゾンエルメス Soleil Noir

先日ご紹介したメゾンエルメスですが、Le Forumではアートの展示もやっています。11月11日からローラン・グラッソというフランス人のアーティストの展示が始まったので行ってきました。

神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプション

神奈川県立近代美術館 鎌倉館 クロージングレセプション

2016年1月31日神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプションが1月16日にあったので行ってきました。

akatsuka

シュールなバランス「赤塚不二夫のココロ」展

スパイラルで2015年に生誕80年を迎える赤塚不二夫の原画と大きくプリントされたキャラクターや漫画、自分が映り込める書き割などが展示された展覧会をやっていたので行ってきました。

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展 6月3日より 山下洋輔と菊地成孔の対談も

2016年大きな反響を呼んだ「あゝ新宿 ー スペクタクルとしての都市」展の第2弾として「あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ」展が開催されます。

ROOTOTE

Andy Warholの誕生日、8月6日より順次発売! Andy Warhol × ROOTOTE コラボレーショントート

アンディー・ウォーホルのトートバッグ発売です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト