畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2013.8.5

個の喪失と尊重 アンドレアス・グルスキー


Andreas-Gursky高解像度で撮影された写真を photoshop等でレタッチするため細部を拡大することがよくあります。引きで撮った何気ないスナップ写真でも細部を拡大すると思わぬ人間の表情や動きに気がつくことがあります。

アンドレアス・グルスキーの展覧会ではそんな何気ない「気付き」がハイエンドな手法を使ってわかり易くかつマッシブに展示されていました。

アメリカの99セントストアとかポスターにもなったカミオカンデの写真とか、すみずみまでディテールが再現された写真が縦3,4メートルぐらいはあろうかという巨大プリントで展示されていて、その広範な画角とリズミカルに切り取られた対象物が印象的に表現されています。

写真の細部で描かれている一つ一つのオブジェクトの独立性を巨大プリントでマクロな視点から眺めた時、オブジェクトの独立性は無視されて一つの大きな規則とシークエンスに飲み込まれていくように見えたため、最初は人工物に飲み込まれた社会の個の喪失を描いているのかと思いました。

展覧会を見進めて行くうち規則性にただ飲み込まれているかに思えるオブジェクト、牛舎にいる牛や、F1のピットで働く人々、ツール・ド・フランスの観客などディテールがどうしても気になってしまい細部に目が行ってしまう自分に気が付きました。

よく注意を払ってみるとそこかしこでピピピという音が聞こえます。これは展示物に接近しすぎた時に鳴るセンサーでつまり至る所でいろんな人が写真の細部を確認しようと写真に近づき目を凝らしているわけです。

一つの大きな美しい 模様に閉じ込められた小さな人々がそれぞれが生き生きと活動している様をとらえたこれらの写真の主題は、実は個の喪失だけではなくむしろ個の尊重にもあるのかもしれないと感じさせてくれます。

Andreas Gursky


縞模様の歴史

関連記事

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオオリンピック閉会式、豪華な日本のプレゼンでした。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

ソール・ライター

ソール・ライター展 Bunkamura

Bunkamuraでまた面白そうな展示がスタートしました。

THE TOKYO ART BOOK FAIR

アジア最大のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」天王洲アイルで10月5日から

アジア最大のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」天王洲アイルにて10月5日から4日間開催します。

ミシェル・ブラジー

「リビングルームⅡ」 ミシェル・ブラジー展 メゾン・エルメス

生命の誕生と朽ち果てる文化のような両極を感じさせるアート。

森岡書店

森岡書店 舘野 鴻

前から行ってみたかった銀座「森岡書店」に行きました。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

新国立美術館

新国立美術館10周年

新国立美術館が出来てから10周年だそうです。

薔薇刑

ggg 2016ADC展

銀座グラフィックギャラリーに2016ADC展を見に行ってきました。

Image-Makers_pressrelease_J1

イメージメーカー展 21_21 デザインサイト

JEAN PAUL GOUDEの事を知ったのは敬愛する三宅純さんのアルバムジャケットで。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post