畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.8.25

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー


日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

横浜トリエンナーレ

横浜トリエンナーレ、文字だけと言いつつ木で彫られた文字の写真は使われています。

大竹伸朗

大竹伸朗さんのフライヤー、オリジナルのタイポグラフィがかっこよいです。

展覧会

線の太さのギャップがよいです。

千代田芸術祭

シンプルな書体だけど色とレイアウトの妙で出るとこはでて、引っ込むところは引っ込むデザイン。

リー・ミンウェイ

シンプル目な森美術館のインフォメーションフライヤー。

コルビュジエ

同じく森で開催されたコルビュジエの展覧会フライヤー。紙がハトロンっぽい紙で凝っています。

日野皓正

日野さんのJAZZコンサート、JAZZの文字に入った幾何学模様がよいです。

kirakira

文字と図案で擬態語をうまく表現しています。

HAMLET

HAMLETの有名なセリフを黒の繊細な濃淡で表現しているのでしょうか、とても美しいです。

ユーフラテス

文字を動かす様子をフライヤーに。

DDW

DDWをモチーフに、力強いデザインになっています。

フライヤーのデザイン – 人を集めるチラシのアイデア


縞模様の歴史

関連記事

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

ANDELI

カードのデザイン15種

ショップカードなどカードのデザインを集めました。

BLACK AND WHITE BOOK

やる気を出してくれる美術展のフライヤー13種 

美術展系のフライヤーが溜まってきたのでご紹介、美術展系は相変わらずクオリティが高いです。見てるとやる気が出てきます。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

her

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

カリモク60

良デザインパンフレット 8種 大きさいろいろ

商品パンフレットなどだと特定の種類が定まらず形も大きさもかなりばらばらです、そんなパンフレットを気の向くままに集めたものをそのままご紹介です。

にじみフォント比較

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝

font,fontplus,大日本印刷,にじみフォント,藤田重信

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト