畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.6.6

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか


デザインをする時、作る物によって合わせた書体を選びます。

和文もそうですが、欧文のフォントなんか種類がたくさんあり歴史も古いため、特徴的なフォルムを持つ魅力的な書体も多い一方で、そのフォルム自体の成り立ちに意味がある場合が多く、それを完全に無視して、見た目だけで書体を選ぶのもどうなんだろうと常々思っているものの、なかなかベーシックな知識を得る機会がないものでした。

本書ではだれでも一度は目にした事のあるブランドやショップのロゴタイプに使われている、スタンダードなフォントを入り口にしてフォントの使い方を解説してくれます。

フォントのふしぎそのフォントを使う理由やフォント自体の成り立ち、合字にまで触れていたりするので、入り口はブランドのフォントの裏側と入りやすいところから始まりながらも、フォントの使い方の基本的な部分から復習できます。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ

結局フォントを選ぶ際にタブーはないという話に落ち着きますが、知っているのと知らないのだとフォントの選び方はまったく違いそうです。

実際文字を使ってもの作りをする人じゃなくても眺めて読むだけで、大きめに扱われたブランドロゴの写真とフォントのビジュアルが心地よく、好奇心を刺激してくれる良書です。

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?


縞模様の歴史

関連記事

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

アンティークショップ ショップカード

東京蚤の市で見つけたアンティークショップのショップカード

東京蚤の市で集めた、独特のセンスで作られているショップカードを集めました。

PLAYTYPE

PLAYTYPE at BOOK AND SONS

PLAYTYPEの商品が学芸大学のBOOK AND SONSにて販売開始されました。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

柳原良平

Orange! 株式会社サン・アド創立50周年記念展覧会

サン・アドが創立50周年だそうで、ギャラリー916にて記念展覧会が9月6日まで開催中です。

北欧の暮らし「暮らしの豊かさ」 Nordic Lifestyle Market 国連大学にて

北欧の暮らしを伝えるイベントが今週末開催です。

calendar

ありそうで意外とないシンプルなカレンダーを作ってみました

仕事のスケジュール管理はいただきものの卓上カレンダーというアナログな自分ですが、気がついてみると家にカレンダーがありません。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト