畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.6.6

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか


デザインをする時、作る物によって合わせた書体を選びます。

和文もそうですが、欧文のフォントなんか種類がたくさんあり歴史も古いため、特徴的なフォルムを持つ魅力的な書体も多い一方で、そのフォルム自体の成り立ちに意味がある場合が多く、それを完全に無視して、見た目だけで書体を選ぶのもどうなんだろうと常々思っているものの、なかなかベーシックな知識を得る機会がないものでした。

本書ではだれでも一度は目にした事のあるブランドやショップのロゴタイプに使われている、スタンダードなフォントを入り口にしてフォントの使い方を解説してくれます。

フォントのふしぎそのフォントを使う理由やフォント自体の成り立ち、合字にまで触れていたりするので、入り口はブランドのフォントの裏側と入りやすいところから始まりながらも、フォントの使い方の基本的な部分から復習できます。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ

結局フォントを選ぶ際にタブーはないという話に落ち着きますが、知っているのと知らないのだとフォントの選び方はまったく違いそうです。

実際文字を使ってもの作りをする人じゃなくても眺めて読むだけで、大きめに扱われたブランドロゴの写真とフォントのビジュアルが心地よく、好奇心を刺激してくれる良書です。

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?


縞模様の歴史

関連記事

ひろがるデザイン

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2016 GOOD DESIGN EXHIBITION

なんかやたら長いタイトルになってしまいましたがTOKYO MIDTOWNでDESIGN TOUCHが始まっていました。

Minimal JOURNAL

フリーペーパーのデザイン 24種 新聞紙系、厚めのもの

フリーペーパー集めました。

CITERA

CITERA 街+大地

久々に心惹かれるファッションブランドを発見してそれがCITERAです。

蔦屋家電

フリーペーパーのデザイン 11種

フリーペーパーはなかなか新しいものを探すのが難しいですが、幾つか見つけた新しいものたちとお馴染みのものの新しい号です。

SCENE

新聞紙のようなフリーペーパー、パンフレット、フライヤー 六本木編 7種類

なかなかアイデア系のまとまった収集ができなくて、さらにジャンルが限定されているのでどうしても小刻みになりがちな新聞紙のような系6種類です。

カリモク60

良デザインパンフレット 8種 大きさいろいろ

商品パンフレットなどだと特定の種類が定まらず形も大きさもかなりばらばらです、そんなパンフレットを気の向くままに集めたものをそのままご紹介です。

PROVISIONS

フリーペーパーのデザイン23選 新聞紙のようなものとオーソドックス

思わず手に取りたくなるフリーペーパーのデザイン23選

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

東急ハンズ リーフレット

東急ハンズ リーフレット つがおか一孝

久しぶりに東急ハンズに行くと独特の味があるリーフレットを発見。迷わず手に取って家でしげしげ眺めると写実風だけど絶妙にイラスト化されたイラストに目がいってしまう。

MdN

絶対フォント感 MdN

絶対音感ならぬ絶対フォント感、アートディレクター必須のスキルです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト