畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.20

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道


最近はまっている遠山正道さんの書籍の中の一冊。

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトルとは裏腹にビジネス書らしさはありません。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル

pass the batonの立ち上げ経緯を通して遠山さんがどうやって「好き」を具現化していくのか、片山正通さんやキギなどデザイナーとの仕事の進め方、ディーン&デルーカやパタゴニアなどの企業達とコラボレーションした時のシナジーなど普通のビジネス書では絶対にない苦労や楽しさがそこには描かれています。

やりたいことをただやるのではなく「ビジネスで」やるということはどういう事なのか、そもそもやりたいことってなんだっけ?と考えているビジネスマンは読むとなにかを見つけるヒントになるのかも。

やりたいことをやるというビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡


縞模様の歴史

関連記事

MONOPURI実験室

MONOPURI実験室

いろいろな素材にさまざまな模様や柄をプリントして新しい価値を生み出す光伸プランニングさんの印刷実験プロジェクト、展示会が楽しかったです。

ゴミの日

ゴミの日のアレをシンプルにデザインしてみました

最近引っ越しをしまして以前よりも少しだけ広いお家に満足しているのですが、引っ越し先でもらったゴミの日の紙が家で貼るにはあまりにもこてこてしていたので、自分のお部屋に合うようカスタマイズしてみました。

citron case

白いiphoneケースにつや消しスプレーを吹いたらシュガーコーティングケースに

iphoneケースが壊れてしまい新しいケースを探していたのですがなかなか見つからず、ふとした時に見つけたデコベース用と書かれたシンプルな白ケースを買ってみました。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 5[Webにおけるタイポグラフィ]

FONTPLUS DAYのVol.5が開講です。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

ブランドをデザインする!

デザイナーが読むべき、ブランディング書5冊

ブランディングをやっていきたいデザイナーにおすすめです。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

ペギーモーフィット

【映画レビュー】JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ ウィリアム・クラクストン 

ウエストコーストジャズのレコードで多くのビジュアルメイキングに携わったウィリアム・クラクストンのドキュメンタリー。

NO PROBLEM

「NO PROBLEM(問題なし!)」日本のものづくりと風通し

B品に焦点をあて、「NO PROBLEM(問題なし!)」と宣言する事で受け入れ、世の中のものづくりに対する風通しを良くしようという展示がスタートします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト