畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.1.29

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」


よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。
デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル・パストゥロー」。

ボーダー柄とは何か「縞模様の歴史」 ジーンセバーグ

ボーダーとはなにか

そもそもボーダーという言葉が指し示す柄はほとんどの人が考える横縞や縦縞の柄ではないそうです。
ボーダーとはボーダーライン等という言葉で使われるように何かの境界を意味する言葉です。 本当の意味でのボーダー柄とは例えばTシャツの袖の縁を型どるように描かれた柄の事をいいます。ちなみにボーダーシャツで有名なセントジェームスでも縞模様はボーダー柄と表記されています。

いつから今の意味で使われる様になったのかは不明ですが、ボーダーという言葉にあまりこだわってもしょうがないので縞模様自体が、図柄としてどういう役割を持っていたのかを探ってみます。

忌み嫌われるボーダー

意外なことに西洋では早い段階、10世紀ぐらいには縞模様は忌み嫌われる者に貼られる目印のような役割を持たされていたようです。それは当時の宗教画でカインやユダ、キリストの父である聖ヨゼフ(聖ヨゼフは歴史的にかなりぞんざいな扱いを受けていた)などが宗教画などで体の一部に縞模様を身に着けさせられていることなどから推測できます。 今の感覚だとポップとかかわいいに分類される縞模様にもともとそんな意味があったとは意外ですね。

囚人また社会的に蔑視された職業、死刑執行人、売春婦、道化師などは縞模様の衣服を身に着けることを義務付けられていました、犯罪者などが牢獄で着せられる獄中着も縞々です、ルパンが刑務所に入れられた時着てるあれとかたしかに縞々ですね。これらの事から明らかに縞模様が普通の人々とそうでない人を区別するために使われていた事がわかります。なぜそれが縞模様だったのかは不明ですが察するに当時衣服に使われる生地のなかでポピュラーだった無地に対する最もコントラストの強い生地が縞模様だったのではと思われます。

この傾向は18世紀後半ぐらいまで続いたようです、縞模様の持つイデオロギーを決定的に変えたのがアメリカの英国からの独立です。アメリカの国旗が持つ横縞は自由の象徴となってフランス革命へと受け継がれます。

蔑視の対象から自由の象徴へ

1789年、フランスでは三色旗(当初横縞だった)が革命の象徴として街の至るところで見られるようになります。人々はこぞって縞模様を身に着け、縞模様はプロパガンダとして大きな役割を果たしました。
その後海軍に縞模様の制服が採用されていたりしますが、縞模様を着せられるのは海軍のなかでももっとも下働きの水兵だったりと、まだ完全に縞模様に対する蔑視は抜けきれていなかったようです。セントジェームスが誕生したのはフランス革命からちょうど100年経った1889年。漁師や船乗りの仕事着として誕生しその後マリンスポーツウェアなどへよく使われ洗練されていきました。

ルイ・レオポルド・ボワイー現代に移って縞模様はさらにポピュラーになったように思われます。よく映画などでマフィアやヤクザがはでな縦縞のスーツを着ていたりしますが、マフィアは当然中世の頃のように誰かに強要されてそれを着てるわけではありません。また一般的にどちらかといえば縞模様は子供や若い年齢層が着ている事が多い気がします。一般的な会社員などもあまり目立たない程度のストライプを着ている人はいますが、なかなか主張の強い縞模様を着ている人を見ることは少ないです。

縞模様に対する蔑視がほとんどなくなった現在、縞模様は社会から区別されるために貼られたレッテルではなくなりましたが、未だ規律やルールという社会の規範に対してアイデンティティを誇示するため異質性を表す役割を持っているようです。

これだけ一般的になった縞模様を着ることが、アイデンティティの誇示に繋がるかと言えばそこには縞模様がもともと持っている警告性と他のものとの異質性を提示する特質があり、それこそがこれまで歴史の中で縞模様が担ってきた役割を説明する答えなのかもしれません。

縞模様の歴史―悪魔の布 (白水uブックス)



縞模様の歴史

関連記事

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

unico

パンフレットのデザイン11種 東京メトロ、unico、ほか

今回は家具屋のunicoさんなどイラストや写真をうまく使ったものが中心です。

土屋鞄

ランドセルのデザイン パンフレットと今時のランドセルディレクション事情

今時のランドセルはラグジュアリーな革製品のようです。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

LOFT WINTER

フリーペーパーのデザイン 14種 新聞紙のような多め

仕事でついにフリーペーパーを作ることになりそうです。 と言っても僕の場合あまり今まで集めたデザインアーカイブなどを作る時に参照することはないのですが今まで見てきたものがじわじわと自分の作るものを作って

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 5[Webにおけるタイポグラフィ]

FONTPLUS DAYのVol.5が開講です。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

HAKUI

セブンユニフォーム HAKUI カタログ

zuccaの小野塚秋良さんがデザインを担当している、セブンユニフォームのデザインコンシャスラインHAKUI。

横浜トリエンナーレ

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー

日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト