畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.9.11

デザインとスピード 2014年秋編 2/2


デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

スピードアップに反比例して下がる価格

仕事のスピードが上がる事で起きるのが価格の下落です。仕事の単価は昔に比べればどんどん下がっています、ぼくが最初のデザイン事務所でデザインを始めた時、簡単なポスター一枚作るのに2桁万円かかるのは普通でしたがやめる頃には半額ぐらいに、仕事によってはPOP関連の制作物もだんだん簡単なものであれば店舗でプリントして使うのが当たり前になり仕事自体が減っていくような状況も見受けられました。

ポスター ロートレック

なぜデザインの価値がそんなに下がってしまったのかといえば、パソコンがちょっと使えればなんとなく形になってしまうので、誰もがデザイナー足り得る状況が出来てしまったことが一番の原因でしょうか。本当に美しいものや良い物を作ろうと思ったらそうは行かないのですが、普通の人はそんなところまで意識がいきません。発注する側のこれなら自分でも作れそうという勘違い(実際そういうものもあります)がデザインの価値を下げてるのでしょう。

デザインの価格が下がることでデザイナーはデザインやっているだけだと食べれなくなります。簡単なキャッチぐらい考えるコピーライター的な役割を担ったり、ちょっとした撮影はやってしまうなどただデザインやっていればいいという人は一握りになってきます。それが更に広告宣伝費の下落につながり価格が安いからいっぱい仕事を詰め込むしかなくなるというデザイン土方の負のスパイラルから抜け出せなくなります。そしてこれがデザインに過剰なスピードが求められる原因の一つとなっています。

問題なのはそれに人間思考速度がきちんとついていけてるかという部分です、詰め込まれた仕事を苦に体調を崩して仕事を辞めていった人を何人もみていますがやっぱり人は人の生きるスピードで生きなければいけないのです。

カレルチャペック

SF小説などで描かれる未来像でよく人間は全く働く必要のない高等遊民のような存在になっている事がありますが、確かに肉体を動かす仕事は減っていますが仕事自体の量は、まったく変わっていないむしろ逆に増えている、その状況を作り出しているのが実は自分達だということになかなか気が付けない。(写真はSFの古典的名作「R.U.R ロボット」を書いたチェコのSF作家カレル・チャペック

仕事の数より質、これを大事にしていくのが当たり前だけど一番重要でで、実際 デパ地下で一つ5,000円の弁当が飛ぶように売れていたりと デザインに限らず価値ある物にはお金を惜しまないという人は増えています。問題の解決で一番のポイントとなるのはデザインの価値を発注者に理解してもらう事と、実際に価値があるものを常に生み出すデザイナーであり続ける必要があるというところです。

そんな対価を払ってもらい敬意をお互いに持ちながら仕事ができるデザイナーになりたい、いやならなければと日々の仕事の合間に考える日々です。

デザインマネジメント



縞模様の歴史

関連記事

Lost_Memory_Theatre

Lost Memory Theatre act1-2三宅純

デザインサイトイメージメーカー展でジャンて・ポール・グードと共に作品を出展している三宅純さんのアルバム、Lost Memory Theatre act2が発売されました。

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

渡邉良重 AUDREY

KIGI 渡邉良重 亀倉雄策賞受賞 銀座クリエイションギャラリーG8で個展開催

その年の最も優れたグラフィックデザインに送られる亀倉雄策賞にKIGIの渡邉良重が手がけたAUDREYの洋菓子パッケージに決定しました。

abstract art of design

ABSTRACT Art of Design NETFLIX デザインする勇気

デザインで行き詰まっている人は見るといい、かもです。

Peeji名刺

ロゴを作りました、ついでに名刺も。

たいしたトピックじゃないのですが、ちょっと前からロゴを変えてみました。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

蔦屋家電

フリーペーパーのデザイン 11種

フリーペーパーはなかなか新しいものを探すのが難しいですが、幾つか見つけた新しいものたちとお馴染みのものの新しい号です。

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト