畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.9.8

デザインとスピード 2014年秋編 1/2


時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

macintosh SE

例えば30年前の1984年、DTPはまだ普及しておらず写植が全盛でデザイナーとオペレーター、コピーライターやカメラマンなどどんな仕事でも分業が当たり前でした。一つ一つの仕事にとても時間がかかるため分業など不可能で、それぞれがそれぞれの仕事にベストを尽くすという時代です。

20年前だとどうでしょう、現在35歳のぼくが1993年当時最初に欲しいと思っていたMacはLc520というCDドライブとモニター、フロッピーが一体になったものです、プロセッサーは68系と呼ばれるモトローラのものでクロック周波数は16Mhz 。 ちなみにクォークエクスプレスが最初にでたのは1989年(日本語版2.2)イラストレーターが最初に一般向けに発売されたのが1986年なので当時すでにDTPのソフトウェアはあったという事にはなりますが、 LC520は趣味レベルでならともかくDTPがまともに仕事で扱えるようなものではありません。Macが最高クラスのクアドラ800だとまだ70〜100万円した事を考えるとそこまで普及していたとは思えません、一部の先駆者が導入を進めていたぐらいでしょう。

クオークとイラレ

僕が最初に入ったデザイン事務所はもともと版下製作の時代からあった事務所でそこがMacを導入したのが10数年前と言っていたので1995年ぐらいでしょうか、20年ぐらい前なんて意外とそんなものでまだまだ過渡期、フォントの問題も今では考えられないほど複雑でしたし1年や半年で状況はめまぐるしく変わり1993年と1997年でもマシンの性能やソフトウェアの安定度はかなり変わります。

そんなとき20年から10年の間にパラダイムシフトと言ってもいい改革がMacで起こります、power pcの発売とそれに続くG3、G4の登場です。これはDTPの状況を大きく変えました、ようやくまともに使えるDTP環境が整ってきたのです。

PCの進化とDTPの変化

マシンの進化は状況をどんどん変えていきます、ムーアの法則に従えば PCの進化(処理能力の向上)は2年で約2倍になるそうですが、30年前高速大容量と言われたMachintosh SEですらクロック周波数16Mhz、メモリーは512kbです。

macpro

今Macproのハイエンドモデルはメモリーが最大64GBなので120000分の一、演算速度も単純なクロック周波数で比較出来ないとはいえ3.5Ghzの6コアなので約13000分の一。pcの進化とスペックの向上は専門家ではないので詳しく語れませんがPCの進化はデザイナーの役割を大きく変えていく事になります。

DTPの進化が進むにつれ文字を切り貼りして文字組みを作ったり、レイアウトを考える工程は一人のデザイナーがPCを使って最初から最後まで製作の一部としても組み込むのが当たり前になりました。さらに今まで実際に印刷しなければ見えなかったものが、画面上でプレビュー出来るようになった事でさらに作業スピードはアップします。

後編へ続く

Mac Pro ME253J/A [3700]



縞模様の歴史

関連記事

hinagata

フリーペーパーのデザイン 7種 メトロ中心

定期的なフリーペーパー紹介、ちょっと少ないですがメトロの駅でもらえるものを中心にご紹介です。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

よなよなエール父の日

父の日のよなよなエール

3日過ぎてしまいましたが父の日にもらったよなよなエールの詰め合わせの包装紙などがかっこよかったのでアップします。

SCENE

新聞紙のようなフリーペーパー、パンフレット、フライヤー 六本木編 7種類

なかなかアイデア系のまとまった収集ができなくて、さらにジャンルが限定されているのでどうしても小刻みになりがちな新聞紙のような系6種類です。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

distant voices carry on

Spiralの紙もの 2015

職場が渋谷の宮益坂だった頃は打ち合わせをしたり、プレゼントやなんかを買いにしょっちゅうSpiralに行っていました。

MONOPURI実験室

MONOPURI実験室

いろいろな素材にさまざまな模様や柄をプリントして新しい価値を生み出す光伸プランニングさんの印刷実験プロジェクト、展示会が楽しかったです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト