畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2021.7.18

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? 東京都現代美術館にて


横尾忠則の大規模展示が東京都現代美術館で7月17日から開催中です。

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?



行くと、まず人間ってこんなにたくさんの絵を描くことができるんだと展示されている作品の量に驚きます。その数は新作も含めて603点です。

一枚の絵を描き上げるのにもかなりの時間と労力がかかるし、そもそも描きたいものってなんだろうと考えてしまう人がほとんどだと思いますが、作風もテーマも画法もばらばら、イマジネーションの洪水としか言いようのないものが凄まじい物量で迫ってくるのがこの展覧会です。

そんなようなことを思っていたらほぼ日の糸井さんも7月17日の「今日のダーリン」で同じようなことをはるかにうまく表現されていました。
※今日のダーリンはアーカイブなど残さない方針だそうなので引用はしません。


横尾忠則T+Y自画像2018年

I HAVE NO TIME LEFT 2020年

凄まじい作品の数と質の答えはこの二つの作品だったのではと感じました。描くことをやめることができない、横尾さんの描くことへのオブセッションがこの二つの死を感じさせる作品から感じられます。

2021年10月17日までです。

※作品の写真は許可を得て撮影しています。

TOKYO-東京会場 GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?
会場:東京都現代美術館 企画展示室1F/3F 〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
会期:2021年7月17日(土)~10月17日(日)
開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(7/26、8/2、8/9、8/30、9/20は開館)、8/10、9/21
観覧料:一般 2,000円 大学・専門学校生・65歳以上 1,300円 中高生 800円 小学生以下無料

GENKYO横尾忠則II Works: 原郷から幻境へ、そして現況は?


縞模様の歴史

関連記事

marimekko 伊勢丹ポップアップストア

6.7-6.13 We love Japan – The Isetan edition マリメッコのポップアップショップが伊勢丹新宿店にオープン

マリメッコのポップアップショップが新宿伊勢丹にオープンします。

バンクシー 展

猫も杓子もバンクシー

バンクシーの展覧会に行ってきました。

長次郎 黒楽茶碗

旅立ちの美術 静嘉堂美術館 俵屋宗達、黒楽茶碗もあるよ

世田谷区岡本へ週末のショートトリップに行ってきました。

Hiroshi Nagai 永井博 本 FAVORITE

Hiroshi Nagai Exhibition FAVORITE

代官山蔦屋で開催中、永井博さんの展覧会に行ってきました。

©︎ Experimental Jetset

VIRTUAL ART BOOK FAIR クラウドファンディングプロジェクト「VABF KIOSK」

どのアイテムもうっかり欲しくなってしまうクラウドファンディング

小林徹也 AELU

小林徹也 SOLO EXHIBITION AELU

代々木上原のAELUさんで陶芸展です。

printgallery ordinaly people

ORDINARY PEOPLE Everyday, Graphics, and Calendar

プリントギャラリーさんでORDINARY PEOPLEの展示です。

RENEW×大日本市鯖江博覧会

RENEW×大日本市鯖江博覧会 2017年10月12日(木)-15日(日)

体感型マーケット「RENEW」と、中川政七商店が展開する「大日本市博覧会」が、10月「RENEW×大日本市鯖江博覧会」を福井県鯖江市で開催します。

小林徹也 うつわまるかく

小林徹也展 うつわまるかく

友人の陶芸家が展覧会をやるので宣伝です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト