畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2021.6.8

【おすすめ本】脳のしくみとユーザー体験


UI/UXについて考える事はあたりまえになり、様々な考察や本が出されてきました。

脳のしくみとユーザー体験



最近見つけて良かったのがこちらの本です。

脳のしくみとユーザー体験

ユーザー体験は空間認識、記憶、言語、意思決定、視野/関心、感情というシックスマインドによって作られており、それぞれがどのような場面でなにをトリガーに引き起こされるのかを、アカデミックかつ実践的にわかりやすく語っています。

ユーザー体験について書かれた本だと「ユーザビリティエンジニアリング」が有名ですが、本書はより脳科学的な見地から書かれているのが特徴的です。

ユーザビリティエンジニアリングも非常に良い本です。

ユーザビリティエンジニアリング

前半は特にシックスマインドのそれぞれのトリガーについて、後半はより実践的で、どのようにユーザー調査するべきか、プロダクトを作る際に注意するべき点など複数にわたって書かれています。

脳のしくみとユーザー体験

なかでも「忠実度の高いプロトタイプはつくらない」という話は、実体験としてもかなり納得感がある話だったので、言語化してあることで今後どのようにプロトタイプを作るべきかの参考になりそうでした。



ユーザー体験を高めたいと思っている方は手に取ってみてください。

脳のしくみとユーザー体験 認知科学者が教えるデザインの成功法則


縞模様の歴史

関連記事

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

ジョナサン・アイブを知るための5冊

Appleの最重要人物の一人が去りました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト