畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2013.8.27

書体へのマニアへの誘い helvetica book


helveticaデザインをするしないにかかわらず知っている人が多いであろう書体ヘルベチカ、なんとなく知っているようで実は知らなかったり、ヘルベチカだと思っていた書体が実はヘルベチカじゃなかったり(Neue grafikの表紙がヘルベチカだと思っていた、自分が未熟なだけですすいません)といろいろなことに気が付かせてくれる本書。
大きく3章に分かれヘルベチカの成り立ちから文字の構成要素の解説から始まりますが興味深いのは類似書体であるアクチデンツグロテスクやユニバース等とのタイプフェイスの詳細な比較をしている箇所です。

フォントを選ぶ際、ヘルベチカに似ているとはいえ直感的にアクチデンツグロテスクなどを本文で使用することはありません、とくに日本語で文字を組む際和文と欧文を組み合わせて組む事が多いですが、現在MACで使えるヒラギノなどの和文書体とアクチデンツグロテスクなどの無骨な欧文はどうしても一緒に組むと違和感があります。

なぜそう感じるのかを一つ一つの文字をみながら比較・検証する機会を持つことはなかなか難しいしやったことはなかったのですが、本章ではヘルベチカ、ユニバース、アクチデンツグロテスク、そしてハースユニカとヘルベチカと近い関係いある4書体を細かい部分まで比較・検証しています。

タイプフェイスに関しては縦ストロークと横ストローク時の線幅を%で比較していたり、 それぞれの書体のエックスハイト、アセンダー、ディセンダーの比率とその差を比較、本文組の例も合わせて非常に分かりやすく解説してくれています。

この本を読むとアクチデンツグロテスクがなぜ本文組すると違和感があるのかわかります。また書体のバランスとしてはユニバースがもっとも良いのだろうという印象を受けますし、可読性なども明らかに高く感じます。
ただ機能性だけで語れないのが書体の面白いところで、それだけ比較されても個人的にはやっぱりヘルベチカとアクチデンツグロテスクを使い続けるだろうななどと思ってしまいました。

その差がどこにあるのかはわかりませんが、未だに企業のロゴやあらゆる広告などでヘルベチカが使われ続けている事は一つのヒントなのでしょう。

完璧なプロポーションを持つものより少しいびつなものに惹かれてしまう、そんな人間のもつ嗜好の一端に書体を通して触れることが出来る良書です。

The Helvetica Book ヘルベチカの本


縞模様の歴史

関連記事

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

デザインあ

「デザインあ」の書体 ヒラギノUD

「デザインあ」というEテレの番組があって、昨年はデザインサイトで展覧会をやったりするぐらい人気なのですが、番組内で使われている書体がとても見やすいので気になって調べてみました。

MdN

絶対フォント感 MdN

絶対音感ならぬ絶対フォント感、アートディレクター必須のスキルです。

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

源ノ明朝

Source Han Serif 源ノ明朝 7ウェイトを伴ってリリース

AdobeとGoogleの共同開発した源ノ明朝をヒラギノ明朝と比較してみました。

こんな雑誌を待っていた文字マニアのためのTYPOGRAPHY

Tweet デザイン関連の書籍が増えた気がします、いやもともといっぱいあったのですが作品集とかアイデア本とかレイアウトルールとか詰まった時に索くような本が多かったのですが、ここ最近は特に印刷関連と文字

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post

Follow design_peeji's board Free paper, flyer like a news paper 新聞紙のようなデザインのフリーペーパー・フライヤー on Pinterest.