畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.8.29

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋


ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。
上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語っています。

ブランドのそだてかた

「ブランドのそだてかた」というタイトルだけあって内容はブランドの立ち上げに着目したというよりは、どのように今のブランドを確立したかに重点がおかれていました。

そのためか、社内でどれだけブランドに対する意識を持つかという、インナーブランディングがいかに重要かをほとんどの経営者が話しています。

ブランドのそだてかた
ブランドのデザイン

気になるのはデザインに関するところですが、まずどのブランドもデザインはほとんど社内で行っているというのが印象に残りました、スピード感はもちろん会社の方向性を理解できることを重用視しているためです。
またこれはすべての会社がそうでしたが代表者が自らアートディレクションを行い、ブランドの方向性がぶれないようにしているそうです。やはりブランドを作るには舵を取る人間のデザインリテラシーがどれだけ高いかがかなり重要なのですね。

ブランド作りのための表層的なデザインの話はほとんどなくむしろ製品作りや人材教育に関する話がメインでしたが、デザインが必要でないという話ではまったくなく、むしろどの経営者もデザインをかなり重用視しています。ただデザインの在り方が、外部のデザイナーが表面的に取り繕うようなものではありませんでした。

ブランドのそだてかた

スノーピークの場合はプロダクトからパッケージ、広告までを一気通貫で行ったり、ディーン&デルーカの場合は店舗など大規模なデザインは外注しつつもPOPなどは社内で生産する。
社内にいる人間のブランドを良くしようとする意思がデザインを作り、それが結果的にブランドアイデンティティに現れてくるということが共通する意見のようでした。

どうしても表層的な見た目の部分だけでブランディングを考えがちでしたが、製品の結果としてのデザインであり、また社員一人一人が出来上がったデザインを生かしていくことが重要で、ブランドは人間が作っていくものなのだと改めて考えさせられました。

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋


縞模様の歴史

関連記事

月刊MdN2018年11月号『明朝体を味わう。』

月刊MdN2018年11月号『明朝体を味わう。』

ワインを楽しむように明朝体を楽しむ。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

真四角

江戸から現代へ 書体プロジェクト「真四角」初の個展を開催

デザインプロジェクト「真四角」による初の個展「真四角博覧会」を開催。

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

yes

Tシャツを作ろう、作ってみた Zazzle

夏と言えばもっとも使用頻度の高くなる服の一つがTシャツです。 最近会社に着ていく事はあまりなくなりましたが、それでも相変わらず休みの日はTシャツだし、通勤自転車の日は着くと汗だくになるのでとりあえず

HYKE SNEAKER

紺と白のオブセッションとその解法

adidas originalsとHYKEのコラボアイテムが本日3月16日から発売されました。

THE SHOP

THE SHOP | ハイスタンダードなアイテム達

この年になるとTシャツはここの、靴はここのやつなど自分の中のスタンダードが決まってきます。 自分のセレクト感覚とあまりにも近い感覚のお店を発見して、感動すら覚えたのでご紹介します。

Lune de Noel

かっこいいフライヤー 21選 渋谷・青山 デザインの勉強

ふと気がつくとフライヤーが大量にたまっていたのでご紹介です、渋谷・青山近辺は相変わらず豊作です。一言コメントノックは勉強になりますね。

ramsophone

機能主義家電デザインの始祖 ディーター・ラムスに影響を受けたWebシンセ

ドイツ人のプロダクトデザイナー、ディーター・ラムスに影響を受けて造られたWebシンセがこちらの「Ramsophone」です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト