畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.12.21

MOTHERのことば。 ほぼ日


ほぼ日さんから「MOTHERのことば。」がパルコのほぼ日イベントショップとほぼ日オンラインストアで先行発売されました。この本はファミコンの名作MOTHERとその続編2作品の全ての言葉を収録した本です。



MOTHER世代で心の何かを取り戻したい自分としては買わずにはいられなかったので早速手に入れてきました。

MOTHERのことば 箱

こんな感じで段ボールボックス入りです。

MOTHERのことば。おまけシール

ほぼ日オンラインストアとイベントショップで購入するとシールの購入特典があります。

MOTHERのことば

開けるとおなじみマザーの赤いパッケージが目に入ります。

MOTHERのことば

作品の全ての言葉を収録しているので作品のボリュームが大きい程熱厚くなってます。

MOTHERのことば

こうみてみるとMOTHER1の金色のロゴって金なのに全然えぐさがなくてとても自然に見えるのがすごいです。

MOTHERのことば。中面

中面が思ってた印象と違いました。もう少し詩的な感じのレイアウトなのかと思っていたら台本のような造りです。実際見てみるとこっちの方がゲームをやっていないのにゲームの世界を体験できるので良かったです。

MOTHERのことば 奥付

奥付の読者のところにはMOTHERでおなじみ「YOU」の表記が。

一般書店やアマゾンでは12月25日から販売開始です。

MOTHERのことば。 大型本


縞模様の歴史

関連記事

装丁と仕事 世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅

シャネルのカール・ラガーフェルドやロバート・アダムスなどの写真家、ギュンターグラスのようなノーベル賞作家まで様々な顧客からの信頼を得て数年先までスケジュールが埋まっているという出版社がドイツのstei

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

小さな出版社のつくり方

小さな出版社のつくり方

出版社を作るということから、仕事のやり方について考えます。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト