畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.10.12

Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展


デザインを始めた頃は、どこにでもありそうな椅子やテーブル、食器だけど、使いやすくて主張しすぎず生活に違和感がないデザインが最高で、そういうもの作りがしたいと思っていました。

柳宗理さんのアノニマスデザインという名前で知られる上記の様な考え方は、物にストーリーや意味を見出すことに価値がおかれる様になってくるに従い薄まってきたような気がします。

自分もどうやったら物がストーリーを語れる様になるか、作り手の考え方をストーリーとして伝えることがユーザー体験の向上や売上に直結することを実感して、物自体に語らせるのではなく物の周辺に語らせることばかりに腐心していた気がします。

アトリエムジのアノニマスデザインの展示は、自分にとっては原点回帰とも感じられる様な展覧会です。

ATELIER MUJI

アノニマスデザインはほとんどのデザインが本当に無名作家の手によるものだったわけではなく年月を経ることによって名前がなくなり物の良さだけが残った物が多いと思います。

永井敬二さんのコレクションから選ばれた作品群はあえて無冠で展示されています。余計な情報なしで「そのもの」向き合ってみてはいかがでしょうか。

柳宗理 デザイン (日本語) 大型本


縞模様の歴史

関連記事

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

判断のデザイン

判断のデザイン チップ・キッドTED Books

TED Booksからチップ・キッド「判断のデザイン」。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

パルプモウルド ドリンクキャリア

「誰も知らないデザイン Vol.1」アノニマスデザイン ドリンクキャリア パルプモウルド

パルプモウルドで作られた美しいドリンクキャリア。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト