畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.10.12

Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展


デザインを始めた頃は、どこにでもありそうな椅子やテーブル、食器だけど、使いやすくて主張しすぎず生活に違和感がないデザインが最高で、そういうもの作りがしたいと思っていました。



柳宗理さんのアノニマスデザインという名前で知られる上記の様な考え方は、物にストーリーや意味を見出すことに価値がおかれる様になってくるに従い薄まってきたような気がします。

自分もどうやったら物がストーリーを語れる様になるか、作り手の考え方をストーリーとして伝えることがユーザー体験の向上や売上に直結することを実感して、物自体に語らせるのではなく物の周辺に語らせることばかりに腐心していた気がします。

アトリエムジのアノニマスデザインの展示は、自分にとっては原点回帰とも感じられる様な展覧会です。

ATELIER MUJI

アノニマスデザインはほとんどのデザインが本当に無名作家の手によるものだったわけではなく年月を経ることによって名前がなくなり物の良さだけが残った物が多いと思います。



永井敬二さんのコレクションから選ばれた作品群はあえて無冠で展示されています。余計な情報なしで「そのもの」向き合ってみてはいかがでしょうか。

柳宗理 デザイン (日本語) 大型本


縞模様の歴史

関連記事

判断のデザイン

判断のデザイン チップ・キッドTED Books

TED Booksからチップ・キッド「判断のデザイン」。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

ジョナサン・アイブを知るための5冊

Appleの最重要人物の一人が去りました。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト