畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.10.12

Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展


デザインを始めた頃は、どこにでもありそうな椅子やテーブル、食器だけど、使いやすくて主張しすぎず生活に違和感がないデザインが最高で、そういうもの作りがしたいと思っていました。

柳宗理さんのアノニマスデザインという名前で知られる上記の様な考え方は、物にストーリーや意味を見出すことに価値がおかれる様になってくるに従い薄まってきたような気がします。

自分もどうやったら物がストーリーを語れる様になるか、作り手の考え方をストーリーとして伝えることがユーザー体験の向上や売上に直結することを実感して、物自体に語らせるのではなく物の周辺に語らせることばかりに腐心していた気がします。

アトリエムジのアノニマスデザインの展示は、自分にとっては原点回帰とも感じられる様な展覧会です。

ATELIER MUJI

アノニマスデザインはほとんどのデザインが本当に無名作家の手によるものだったわけではなく年月を経ることによって名前がなくなり物の良さだけが残った物が多いと思います。

永井敬二さんのコレクションから選ばれた作品群はあえて無冠で展示されています。余計な情報なしで「そのもの」向き合ってみてはいかがでしょうか。

柳宗理 デザイン (日本語) 大型本


縞模様の歴史

関連記事

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

夏目漱石

デザインの基本1  文字の大きさとバランスの関係 同じ要素でどこまで変化がつけられるか。

デザインの基本の「き」をご紹介するシリーズです。

ジョナサン・アイブを知るための5冊

Appleの最重要人物の一人が去りました。

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

インターフェイスデザインの心理学

インターフェイスデザインの心理学 これ一冊あればもう他いらないです

インターフェイスデザインはこの一冊でいけます。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト