畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.6.14

ローソンのPBパッケージはなぜ受け入れられていないように感じるのか


ここ数年、Twitterのユーザーが増えるとともに関わる生活者の数が多く公共性の高いと言われるデザインは常に炎上のリスクを抱えています。

オリンピック エンブレム・競技場、セブンイレブンコーヒーメーカー、サッカー日本代表ユニフォームなど多くの炎上例があります。ローソンPBの新パッケージも同様で、関わる生活者の数が多くコンビニで見るだけでもレビューできるなど参加コストも低く意見を言いやすい状況にあります。

格好の条件が揃った今回のローソンPB商品、通常であれば商品として受け入れられなけれれば買われる事がなく自浄作用が働き商品として消えていくはずが、社会の声としてパッケージデザインが糾弾されデザインした人間の私生活、人間性にまで言及していく様はかなり異様です。

背景には全ての人が受け入れやすいユニバーサルデザインでなければいけないという正義があります。

製品としての完成度はどうか

実際のところ製品のパッケージデザインの完成度はどうなのかというと、すでに多くの人が指摘するようにいくつかの指標で評価があると思います。
1. 視認性
2. 社会的な価値観の変容
3. ブランド価値醸成

視認性

最も多い意見がある視認性の悪さに関しては、ベージュの下地に細めの柔らかい明朝体、文字色が茶色なのでコントラストはかなり弱め、写真ではなくふんわりとしたイラストと全体的に優しい雰囲気には仕上がっているものの、コンビニという情報量の中で明確に情報を伝えるには弱く感じるのは否めません。せめて地色が白でスミ文字であればもう少し印象が変わったと思います。
ローソンで一通り商品を見ていてよく話題になっているNATTOやTOFUは確かにちょっとわかりにくいと思いました、それ以外だと瀬戸内レモンシリーズの商品も大福とケーキの違いがかなりわかりづらく感じました。

瀬戸内レモンシリーズ、ちょっとどちらがどっちなのかわかりづらいです

一方でよく比較される無印良品のデザインはベースは白地でMB101など太めのゴシック体、スミ文字を活用しているため文字の弱さはありません、商品も透明の中が見えるパッケージになっているものも多く写真がなくても商品の特性が伝わります。また無印は基本自分のブランド店舗のみで商品が販売されていますが、ローソンのPB品が販売されているのはナショナルブランドの派手なパッケージが乱立し、安価な陳列什器であるため商品のパッケージでブランド価値を伝えるには若干力不足だったのだと思います。

生ハムなど中身の見える商品は特に問題なさそうです。

社会的な価値観の変容

商品に求められる役割が機能を果たすという役割だけでなく、視覚的な満足感を満たすいわゆる「映え」的な新しい役割を求められるようになってきました。今回のリニューアルにはローソンが新たに取り込んでいきたいと考えるターゲット層がインスタをコアに使っている20-30代の女性に比重を置いていたと思われますが、もともとコンビニのユーザーは非常に幅広くターゲットから少し外れた層からの拒否反応は強く出たのかもしれません。

ブランド価値醸成

今回のローソンPB商品のパッケージリニューアルは、商品という最小単位のブランドのタッチポイントでブランドをどれだけ訴求できるかということが目的だったのではと推測しました。主に売り場と購入した後の自宅でのブランド価値訴求を重要視していたのだと思います。自宅に置いた時視覚がうるさくならない点は評価のポイントですが、売り場でのターゲットが老若男女であるということ、またコンビニという情報量が多い場所での訴求力という意味でいうと上手くいっている部分とあまり上手くいってない部分があったのは事実です。

味噌汁のパッケージはイラストも大きめで他ブランドがごちゃごちゃとしたデザインになっているのに対して、統一感のあるデザインで面を上手く作っていました。

様々な意見がネット上で上がり、ハフポストでの竹増社長へのインタビューが敢行されるなど当事者の意見を巻き込みながら議論が盛り上がっていますが、まだこのパッケージが成功か失敗かは正直わからないと思います。人間は慣れる動物なのである程度利用が続けば視認性が悪いと言われることは徐々に減っていくと思います。加えて竹増社長が明らかに視認性の悪い物に関しては早期に改善していくと表明しています。

SNS以前であれば買いづらいとか選びづらいという意見はユーザーアンケートを取らなければ、なかなか気がつくことができませんでした。ユーザーの意見がリアルタイムで届くのはSNSの良い部分だと思います。弱いデザインはデザインの敗北として非難されることも多いですが、わかりやすさだけが全てではなく商品が作る雰囲気まで含めデザインでしか到達できない目的だと思うのでいいバランスを見つけて行って欲しいと思います。

やってはいけないデザイン


縞模様の歴史

関連記事

ATELIER MUJI

Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展

主張することばかり考えてました。アノニマスの精神で。

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

教養としての認知科学

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊

デザインで役に立つ認知心理学入門書。

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

Think Simple

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編

これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト