畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.8.19

typografia チェコの文字と印刷の雑誌


古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。

1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

typografia

typografia

typografia

書体の紹介や新しい印刷機の紹介などがメインのトピックのようです。

typografia

typografia

typografia

typografia

typografia

typografia

typografia

typografia

typografia

右ページ印刷機の広告らしいですが図版がかっこいい。

typografia

typografia

typografia

今この雑誌を見ると見た目の美しさだけに目が行きますが、昔はこの雑誌をみて「Baskerville欲しい!」とか「やばいITCからgaramond出たよ」なんて言っていたと考えると胸が熱くなりますね。

またどこかで見つけたら買って見ます。


縞模様の歴史

関連記事

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

にじみフォント比較

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝

font,fontplus,大日本印刷,にじみフォント,藤田重信

とらや パリ35周年祭

欲しい欲求が振り切れる 虎屋 パリ進出35周年祭 ほしよりこ

「欲しいものが欲しいわ」と言ったのは糸井重里ですが、わりといつも欲しいものが欲しい自分がいます。

J.S.BURGERS CAFE

フリーペーパーのデザイン20選 

フリーペーパーを集めました、割とこれまでも集めているものが多かったですが初めてみるものも幾つかあります。前半はカラフル、後半は新聞紙系です。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

ひろがるデザイン

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2016 GOOD DESIGN EXHIBITION

なんかやたら長いタイトルになってしまいましたがTOKYO MIDTOWNでDESIGN TOUCHが始まっていました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト