畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.2.4

インターフェイスデザインの心理学 これ一冊あればもう他いらないです


UIやUXを設計するためだけでなく、ブランディングやプロダクト制作などあらゆる場面で人間心理の理解は必要になりますが、専門書は当然ガチ内容もガチなのでとっつきにくかったり、かといってライトにまとめられた本は物足りなかったりします。

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊

この手の本はいつも探していて、ちょうどゲシュタルト心理学の本を探していたら見つけたのがこの本です。

インターフェイスデザインの心理学

本の主に語られているのはインターフェイスデザインですが、人が視覚から何をとらえ、どう考え、行動するかが非常によくまとまっていて、もうこれさえあれば他に本を読む必要ないと言えるぐらい綺麗にまとまってます。

インターフェイスデザインの心理学インターフェイスデザインの心理学

デザインに関わる人は必読の一冊です、5回ぐらい繰り返し読んでもお釣りがくるぐらい良い本です。

ちなみにこちらの本「続、インターフェースデザインの心理学」という続きも出ていましてそちらも読みましたが個人的にはこちらの本だけで十分だと感じました。

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針


縞模様の歴史

関連記事

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

Think Simple

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編

これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました。

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト