畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.2.4

インターフェイスデザインの心理学 これ一冊あればもう他いらないです


UIやUXを設計するためだけでなく、ブランディングやプロダクト制作などあらゆる場面で人間心理の理解は必要になりますが、専門書は当然ガチ内容もガチなのでとっつきにくかったり、かといってライトにまとめられた本は物足りなかったりします。

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊

この手の本はいつも探していて、ちょうどゲシュタルト心理学の本を探していたら見つけたのがこの本です。

インターフェイスデザインの心理学

本の主に語られているのはインターフェイスデザインですが、人が視覚から何をとらえ、どう考え、行動するかが非常によくまとまっていて、もうこれさえあれば他に本を読む必要ないと言えるぐらい綺麗にまとまってます。

インターフェイスデザインの心理学インターフェイスデザインの心理学

デザインに関わる人は必読の一冊です、5回ぐらい繰り返し読んでもお釣りがくるぐらい良い本です。

ちなみにこちらの本「続、インターフェースデザインの心理学」という続きも出ていましてそちらも読みましたが個人的にはこちらの本だけで十分だと感じました。

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針


縞模様の歴史

関連記事

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

Think Simple

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編

これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました。

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

茶室とインテリア

茶室とインテリア 時代は変わる

内田繁さんのこの本を読んだのは10年以上前だったと思います。その時は友人に借りて読みましたが久しぶりに読みたくなって今度はアマゾンで注文しました。 茶室とインテリアというタイトルですが、日本人が伝統的

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト