畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2020.1.27

大浮世絵展 北斎、天才


歌麿、写楽、広重、国芳、そして北斎の作品が一度にみられる大浮世絵絵展。その最終日に滑り込みで行ってきました。

最終日ということもあってかかなり混雑していて、一つ一つの作品をゆっくり見るような雰囲気でもなかったのですが、それを差し引いても良い展示でした。特に江戸の風俗をユーモラス、もしくは軽妙、洒脱に描く他の4人とは対照的に、江戸中期から後期にかけてのどことなくのどかな雰囲気に呑まれないよう、一つ一つの作品が世の人々をあっといわせてやろうという気概に溢れた力強さを感じる北斎の作品は、あらためてみてとんでもない人間が日本にいたことを感じさせてくれます。天才とはピカソか北斎かそんな気分にさせてくれました。

大浮世絵展

この舟の存在感すごいです。なんていうかもはや宇宙船に見えます。

大浮世絵展

こちらは川の流れがとてもパワフルです。

展覧会の画集がまた良い感じで、この作品数と装丁で2600円?(すいません忘れました。。)だったら超お買い得です。

大浮世絵展

終わった展覧会の宣伝をしてもしょうがないのですが、非常に良い展覧会だったのでお知らせしました。北斎の作品は隅田北斎美術館でもみられますので、ご興味のある方はぜひそちらへ。

北斎漫画(全3巻セット) (Hokusai Manga 3 Vol Set)


縞模様の歴史

関連記事

printgallery ordinaly people

ORDINARY PEOPLE Everyday, Graphics, and Calendar

プリントギャラリーさんでORDINARY PEOPLEの展示です。

沈黙の中身はすべて言葉だった

CASE TOKYO 村越としや「沈黙の中身はすべて言葉だった」

荒木経惟「愛の劇場」でスタートした新スペースCASE TOKYOが、写真集の刊行に併せ新しい展覧会を行います。 上2枚:新刊写真集『月に口笛』©Toshiya Murakoshi CASE TOKYO

print gallery

トマーシュ・コツカ、アレクス・シェルメチ ランニング・ボーイ

プリントギャラリーさんでの展示です。

エルメスの手しごと

エルメスの手しごと展 ”アトリエがやってきた”

エルメスの職人たちがその仕事をデモンストレーションする「エルメスの手しごと展 “アトリエがやってきた”」が表参道ヒルズスペースオーニにて開催されます。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

田名網敬一 観光展

田名網敬一 観光展 82歳にして現役すぎます

銀座のgggにて田名網敬一 観光展をやっていたので行ってきました。ベタベタですが、82歳という年齢にして瑞々しすぎる作品群。まずは写真をたくさ撮ってきたので見ていただければ。 入り口からワクワク感、観

大地の芸術祭

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 

3年に1度の芸術祭です。

シャネルネクサスホール

今週末まで 『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』 シャネル・ネクサス・ホール

銀座シャネルのネクサスホールにてアラーキーこと荒木経惟の写真展が今週末23日まで開催中です。

mag pop

原宿にメイド・イン・ジャパンのマグカップ専門店「Mug pop(マグポップ)原宿店」、2017年7月28日にグランドオープン!

原宿にメイド・イン・ジャパンのマグカップ専門店「Mug pop(マグポップ)原宿店」、2017年7月28日にグランドオープン!

カタリーナ・ブリーディティス カタリーナ・エヴァンス

有楽町無印良品 Atelier MUJI Handspaceワークショップとインタビュー 「手が作り出す風景」

有楽町無印良品内にあるAtelier MUJIでの「Handscape」展の取材とアーティストへのインタビューをしてきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト