畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.8.11

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125


本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

以前は、こういう一般書的な本をあまり好んで読まなかったのですが、最近節操がないというか追いつめられているのか地肉になりそうな物を少しでも読みたい欲求にかられてしまいがちです。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

とはいえ、文字だけで偉そうな事が書いてある本はあまり読みたくないのですが、言葉を表すタイポグラフィーが秀逸で面白く、ビジュアルブックとしても楽しめました。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125個人的には「粘れ」という言葉が身にしみました、最後の最後で負けそうというか負けてしまう事があるので最後の最後まで粘ってよい物を作りたいです。

デザイナーはもちろん全ての仕事に通じるのではないかと思われる良い言葉が入った本です。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125


縞模様の歴史

関連記事

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

ブランドをデザインする!

デザイナーが読むべき、ブランディング書5冊

ブランディングをやっていきたいデザイナーにおすすめです。

土屋鞄

ランドセルのデザイン パンフレットと今時のランドセルディレクション事情

今時のランドセルはラグジュアリーな革製品のようです。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

PLAYIGO

8/02/CUBE ヒカリエ PLAY IGO

会社の近所にあり、毎日通っていながら全然上に上がった事がなかったヒカリエの8Fに上がってみました。

yes

Tシャツを作ろう、作ってみた Zazzle

夏と言えばもっとも使用頻度の高くなる服の一つがTシャツです。 最近会社に着ていく事はあまりなくなりましたが、それでも相変わらず休みの日はTシャツだし、通勤自転車の日は着くと汗だくになるのでとりあえず

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

東急ハンズ リーフレット

東急ハンズ リーフレット つがおか一孝

久しぶりに東急ハンズに行くと独特の味があるリーフレットを発見。迷わず手に取って家でしげしげ眺めると写実風だけど絶妙にイラスト化されたイラストに目がいってしまう。

MONOPURI実験室

MONOPURI実験室

いろいろな素材にさまざまな模様や柄をプリントして新しい価値を生み出す光伸プランニングさんの印刷実験プロジェクト、展示会が楽しかったです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト