畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.8.11

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125


本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

以前は、こういう一般書的な本をあまり好んで読まなかったのですが、最近節操がないというか追いつめられているのか地肉になりそうな物を少しでも読みたい欲求にかられてしまいがちです。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

とはいえ、文字だけで偉そうな事が書いてある本はあまり読みたくないのですが、言葉を表すタイポグラフィーが秀逸で面白く、ビジュアルブックとしても楽しめました。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125個人的には「粘れ」という言葉が身にしみました、最後の最後で負けそうというか負けてしまう事があるので最後の最後まで粘ってよい物を作りたいです。

デザイナーはもちろん全ての仕事に通じるのではないかと思われる良い言葉が入った本です。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125


縞模様の歴史

関連記事

良いデザインのフリーペーパー 8選

最近はフリーペーパーといってもただとは思えない出来の物が多数あります。 今まで手に入れたもので装丁やデザインが凝ってるなあと思うものを上げてみます。

POND-YA

良デザインショップカード13種 

今までショップカードはほとんど自分の足で探してましたが、今回は人にもらった物も一部混ざっています。京都のやつは京都旅行帰りの友人からのもらいものです。

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

パピエドレ

かっこいいデザインのショップカード 白地編 動画あり

色んな場所に行ってショップカードを集めているのですが、その中でもこれはというものがある程度集まったのでご紹介します。今回は中でも一番好きな白地メインのショップカードだけを集めてみました。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

よなよなエール

新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー 7種類

久々に新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー関係をまとめました。なかなか素材が揃わないです。今回も一言コメントつけました。

HYKE SNEAKER

紺と白のオブセッションとその解法

adidas originalsとHYKEのコラボアイテムが本日3月16日から発売されました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト