畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.12.11

茶室とインテリア 時代は変わる


内田繁さんのこの本を読んだのは10年以上前だったと思います。その時は友人に借りて読みましたが久しぶりに読みたくなって今度はアマゾンで注文しました。

茶室とインテリア

茶室とインテリアというタイトルですが、日本人が伝統的に持っている身体感覚や文化的背景から、日本人にとってなにが心地よいと感じるのかを考察し、インテリアを考えていく本です。

章はそれぞれ座、間、風、水、火などと名前がつけられており、「座」では靴を脱いで暮らす生活様式から受けた影響、「間」では日本建築がもたらす水平感覚など、ポイントが絞られて語られているので頭に入ってきます。

久しぶりに読んで以前と違うと感じたのは、現代が装飾が少なくなったスーパーフラットの時代であると書かれている部分。確かにこの本が刊行した2005年ぐらいはキッチュだった80年代、POPに向かった90年代からだんだんと落ち着いたデザインに変わっていった時代だった気がします。iMacのデザインとかみると1998年の初代ボンダイブルーから、2002年に首長のホワイトiMacに変わり、2004年には形状的には今のものと近い薄いディスプレイの一体型へ変わりスタイリングはよりシンプルになっています。

そこからさらに2010年代になってくるとプロダクトの外面はとてもシンプルでエレガンスになっていますが、行き着いた洗練はそこより先の行き場を失い、Appleのプロダクトでいえばゴールドなどより人間の欲望を満たすようなカラーがでてきたりしています。また、その中でやりとりされる動画や画像は洗練とは程遠く、あらゆる人や企業が低品質なものから超高品質なものまで、かつ同時性による臨場感やリアリティが重視されるようになり、表現は誰でもわかりやすく明快を追及して言った結果、洗練というよりはチラシのようなプロダクトが乱立するような世界です。

ファッションも80-90年代がリバイバルしてビッグシルエットで装飾性の高いものが流行っています。かと思えば断捨離ブームに始まったミニマリズムを追及する人がいたりと消費の多様性はどんどん広がっています。

消費の極性が強まったせいか自分が理解出来ないものへの不寛容も高まった気がするし、その影響でカルチャーをミックスするよりは好きな物だけ自分の世界で楽しみたいという人も増えたような気もします。

もはや本への感想から個人の感想みたいになってしまいましたが、日本人がDNAレベルでもっている思考性の一旦が掴める本です。

茶室とインテリア―暮らしの空間デザイン


縞模様の歴史

関連記事

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

世界で勝てるブランディングカンパニー

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性

インナーブランディングを実践する前に知っておきたいポイントがありました。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト