畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.11.27

グレン・グールドをAIで復活 Glenn Gould as AI YAMAHA ジャンルになったグレングールド


独創的な演奏と演奏中に歌う奇行など、わかりやすい個性で一番お気に入りのピアニストにあげられることが多いのではと勝手に思っているグレングールド。

グレングールの演奏の特徴を機械学習させて、グールドが演奏したことない曲を演奏させる。そんないろんな意味でやばい取り組みがYAMAHAによって行われアルスエレクトロニカ・フェスティバルで発表されました。

グレングールド at AI

これはGoogleがレンブラントの新作をAIで描かせたのに近い取り組みで、ベートーヴェンが生きていたら交響曲10番を作ってほしいとか、あの偉人が生きていたらどんな新作を作っただろうという、割と昔からあるテーマです。

ついにその波がグレングールドにまで及んできたかというのが正直な感想であんまりポジティブに捉えられなかったのですが、実際に再現されたものを映像でみてみるとなんとも言えない感動がありますね。グレングールドだったら絶対に演奏しなかったであろう曲を弾かせることも可能なわけで、倫理的にどうなんだろうと思うところはありますが、このAIがさらに成長してグレングールドがあまり演奏しなかったショパンの新しい演奏法を開発したりしたら面白いですね。

グレングールド at AI

もしくはショパン弾かせようとしたら拒否したりし出したらグレングールドとしては本物なのかもしれません。

J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル録音)


縞模様の歴史

関連記事

鍵盤オルゴール

一つのメロディを様々な鍵盤楽器で弾いてみる Audio Architecture

AUDIO ARCHITECTUREとの連動企画。いろんな楽器にさわれて楽しそうです。

OKARA キッコサウンド

【欲しい!】 OKARA キッコサウンド

古いオーディオシステムを復活させるガジェット、欲しいです。

健康音楽 看板

【レビュー】健康音楽 坂本龍一の印象派ラジオ体操

行きたいなーと思いながらもチケット代がややお高めだったので諦めつつあったのですが、何とチケットをいただくという幸運にめぐり合ったので行ってきました。

nicola_conte_freesouls

NICOLA CONTE 来日 Free Souls

3月12日、13日とホワイトデーにほど近い日Nicola Conteがブルーノートに来日するそうです。

裸体の森へ

菊地成孔プロデュースの晩餐会 裸体の森へ ペペトルメントアスカラールとともに

ジャズミュージシャンで文筆家、美食家としても知られる菊地成孔さんがプロデュースする音楽の宴が催されるようです。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

tatiana_parra

Tatiana Parra AquiとLight House

音楽を言葉で表現しようとすると別の音楽家に例えるかその雰囲気を詩的に表現するかと二分しますが、このブラジル人ミュージシャンを前者で語るとエリスレジーナとメレディスモンクのハイブリッドが歌う現代ショーロ

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

サイン色紙

菊地成孔 ガンダムサンダーボルトライブ 大西順子 in bluenote

23日木曜日に初めてですが菊地成孔さんのライブを見にブルーノートに行ってきました。

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト