畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.8.4

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦


印刷会社のリブランディングに携わっています。

そもそもブランドがあるわけではないのでリブランドと言えないかもしれませんが、低迷する印刷需要とオンデマンド印刷がこれだけ普及し「A4プリント送料込みで980円!」などと価格破壊というか、働いている人の生活も破壊しているんじゃないかと思われるような低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

ブランド作りの教科書
値段も味も全く同じ牛肉に松阪牛と静岡和牛と銘打たれていた場合、松阪牛を選ぶ人が7割を超えるという非常にわかりやすい例題からはじまる本書は、ブランドとはなにか、ブランドの必要性とは、をアンケート調査に基づくデータを通して解説してくれています。

ブランド作りの教科書

ブランド作りの教科書ブランドがブランド足り得るには品質よりもイメージのほうが重視されること、これは品質がおろそかでいいということではもちろんなく、品質が最高だとしてもそれだけではブランドになり難いということ、コンセプト、ブランドカラー、ネーミング、そしてデザインがいかにブランド作りにおいて重要であるか、自分が今やろうとしている仕事の後押しをしてくれるような内容だったためご紹介しました。
CI案件等に携わるデザイナーにもオススメです。

小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書


縞模様の歴史

関連記事

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

片山正通的百科全書

ゴールデンウィークにいっておきたい 片山正通的百科全書

ゴールデンウィークお時間空いてしまった方は片山さんの展覧会などいかがでしょうか。

パピエドレ

かっこいいデザインのショップカード 白地編 動画あり

色んな場所に行ってショップカードを集めているのですが、その中でもこれはというものがある程度集まったのでご紹介します。今回は中でも一番好きな白地メインのショップカードだけを集めてみました。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

RENEW×大日本市鯖江博覧会

RENEW×大日本市鯖江博覧会 2017年10月12日(木)-15日(日)

体感型マーケット「RENEW」と、中川政七商店が展開する「大日本市博覧会」が、10月「RENEW×大日本市鯖江博覧会」を福井県鯖江市で開催します。

SEASON & GREETINGS

ポストカードのデザイン 16種 タイポグラフィ、写真、イラスト

ちょっとだけポストカードがたまったのでご紹介です。

春の祭典

展覧会、ダンス等のフライヤー11選

紙モノ集めをしているといいモノが集まりやすいジャンルがやはりあるのですが、いいモノが集まりやすいのが展覧会や公演系です。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

モリサワ

モリサワ新書体発表

日本を代表するフォントメーカーモリサワがA1ゴシックを含む17書体を今秋リリース予定です。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post