畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.10.21

noteはじめました


今更ですがnoteはじめました。

note

基本的にはこちらと同じ記事を掲載する予定ですが、noteの方はデザインのロジック系をメインで投稿しようと思っています。とりあえず過去に投稿したものを手直しして載せ始めていまして、今回はボーダー柄とはなにかを投稿しています。よかったらご覧くださいませ。

peeji note


縞模様の歴史

関連記事

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

判断のデザイン

判断のデザイン チップ・キッドTED Books

TED Booksからチップ・キッド「判断のデザイン」。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト