畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.10.17

映画術 エンジニアと非エンジニアの世界


物語を作る、とらえる手法

いま世界は2つの職業に分かれています。エンジニアと非エンジニアです。エンジニアとは主にコードをかける人全般だけを意味するのではなく、例えば動画の編集をする人や機械の設計、大工などある種の職人など、ものづくりの組み立てを行う人です。

エンジニアは物を作れるので職業としてなくならないと思います。もちろん機械化、AI化によって失われていく職もあると思いますが、その時必要とされるエンジニアリングスキルを身につけるか、もしくは非エンジニアになるかの選択を迫られます。

非エンジニアとはどんな職業かといえば監督や編集者、ウェブディレクター、経営企画、営業、デザイナー、果てはパン屋や居酒屋などの飲食店などエンジニア以外の全ての職業です。そして、この非エンジニアが今後必ず必要とされるのがストーリーテリングの能力です。

ストーリーを伝える

よく商品やブランドにはストーリーが必要と言われますが、オーブントースターがストーリーを持つなんてバルミューダが最初にトースターを作るまで考えられなかったと思います。そしてありとあらゆる食や物事にどんどんストーリーの流れは広がり、トイレットペーパーがストーリーを持つのも時間の問題だと思われるほど、企業活動とストーリーは密接になりました。

BALMUDA
BALMUDA公式サイトギャラリーより

ストーリーとは人が生きる上で顕在化されていく志向や趣味なので、どんな場所、物事、人にもストーリーがありますが、ストーリーの強さや伝わり方に差があると思います。同じストーリーでも人に強くわかりやすく伝える技術がストーリーテリングの能力で、これに必要なのは本当に強くストーリーを信じる事とそれを語る技術です。

ストーリーの語り方とは良いものはストレートに伝えれば伝わるんだ、という昔気質で広告、ブランディングの基本ともいえるストーリーの伝えかたもありますが、実は伝え方そのものがストーリーとしての深みのある側面があるのではと思わせてくれるのがこの本です。

映画術 その演出はなぜ心をつかむのか

映画の手法と語り方

映画とは大概1つのストーリーがあり、それを語る事で成立していきますが、そこにはただありのままを上手に伝えるというよりは、映画の撮り方などでより深くストーリーを伝える方法がある事を教えてくれます。それは例えばジョビンのワンノートサンバが1つの音だけを使って作られているという、音楽的なテクニックと歌詞の意味が複合的につながっているかのような構造です。

映画の中で監督は俳優の表情や動線設計を使う事でストーリーの中に感情をつけ、観客は知らず知らずのうちに俳優に共感し、ストーリーをただ追うのとはまったく別の体験ができるのです。

本の中では具体的に映画のシーンを例に出しながら、俳優の感情の動きや表情がどのような意味をもちストーリーの深みを増しているのかを解説していて、読めば読むほどなるほどと映画の演出の構造に唸ってしまう内容でした。

ストーリーテリングとは物語を見つけて語るという当たり前のことからもう一歩進めるためには、語り方を複合的に考える必要がありその思考法の勉強になる良書です。

映画術 その演出はなぜ心をつかむのか


縞模様の歴史

関連記事

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

パルプモウルド ドリンクキャリア

「誰も知らないデザイン Vol.1」アノニマスデザイン ドリンクキャリア パルプモウルド

パルプモウルドで作られた美しいドリンクキャリア。

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

ダサいとは何か

ダサいとはなにか ダサいを科学する

ダサいを科学するとダサいと言われないためにはとてつもない努力が必要だという事がわかってきました。

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト