畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.10.6

面白くならない企画は一つもない 煮詰まりを解消してくれる薬


フェイスブックのタイムラインに流れてくる電通報で高崎卓馬さんのクリエイティブクリニックを知りました。

その内容があまりにも企業のリブランディング案件で悩んでいる自分の視座をあげてくれる内容だったので、記事の中で薦められるがままに記事タイトルの本を購入。内容は高崎さんが、広告作りで悩める後輩トミタ君のためにクリエイティブの処方箋を施すというもの。事例は広告、主にCMを題材に作られていますが、クリエイティブの本質に違いはないのでブランディングに悩んでいる自分にもためになる内容でした。

面白くならない企画はひとつもない

本の中で特にセツメイ病と名付けられている病気がまさに自分がはまっていた病気です。ロゴを作るために会社のミッションやビジョンを分解し、これだと思う答えをビジュアル化したロゴを作っていたのですが、どうにもしっくりこない。なんども見つけたキーワードを手を替え品を替え、洗練させていったのですが全く受け入れられないし、自分でも正解と思えなくなってきた。そこで気が付いたのが、自分の患っていたセツメイ病は説明の手法にこだわるだけで、説明するものの本質を捕らえられていなかったこと。読んでから作ったロゴは自分でもクライアントも納得できるものになったという嘘のようなホントの話です。

中身もさることながら、一番響いたのはタイトルです。煮詰まって制作が思うように進まない時、そもそもこの会社のミッションが悪い、社名が悪いのではないかと疑ってしまった自分がいたのですが、当たり前ですがそんなことはなく、どう表現するかが重要なのだと改めて再認識。これは自分が常々思っている「フォントに罪はない」ということと同じ感覚で、デザインしているときに思わずフォントが悪いなどと思ってしまうことがあると思いますが、それはフォントが悪いのではなくフォントを適所に配置できていないデザイナーの罪だということです。

内容がスッキリしていてとても読みやすく、あっという間に読めてしまう本ですが大切なことに気がつかせてくれる本でした。

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック


縞模様の歴史

関連記事

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

TOYOTA PHEATON AB 完成

息抜きのつもりが息の抜けないプラモデル作り TOYOTA PHAETON AB デザインの訓練になるかも

プラモデル作りは老眼に堪えます

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

ジョナサン・アイブを知るための5冊

Appleの最重要人物の一人が去りました。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト