畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.10.6

面白くならない企画は一つもない 煮詰まりを解消してくれる薬


フェイスブックのタイムラインに流れてくる電通報で高崎卓馬さんのクリエイティブクリニックを知りました。

その内容があまりにも企業のリブランディング案件で悩んでいる自分の視座をあげてくれる内容だったので、記事の中で薦められるがままに記事タイトルの本を購入。内容は高崎さんが、広告作りで悩める後輩トミタ君のためにクリエイティブの処方箋を施すというもの。事例は広告、主にCMを題材に作られていますが、クリエイティブの本質に違いはないのでブランディングに悩んでいる自分にもためになる内容でした。

面白くならない企画はひとつもない

本の中で特にセツメイ病と名付けられている病気がまさに自分がはまっていた病気です。ロゴを作るために会社のミッションやビジョンを分解し、これだと思う答えをビジュアル化したロゴを作っていたのですが、どうにもしっくりこない。なんども見つけたキーワードを手を替え品を替え、洗練させていったのですが全く受け入れられないし、自分でも正解と思えなくなってきた。そこで気が付いたのが、自分の患っていたセツメイ病は説明の手法にこだわるだけで、説明するものの本質を捕らえられていなかったこと。読んでから作ったロゴは自分でもクライアントも納得できるものになったという嘘のようなホントの話です。

中身もさることながら、一番響いたのはタイトルです。煮詰まって制作が思うように進まない時、そもそもこの会社のミッションが悪い、社名が悪いのではないかと疑ってしまった自分がいたのですが、当たり前ですがそんなことはなく、どう表現するかが重要なのだと改めて再認識。これは自分が常々思っている「フォントに罪はない」ということと同じ感覚で、デザインしているときに思わずフォントが悪いなどと思ってしまうことがあると思いますが、それはフォントが悪いのではなくフォントを適所に配置できていないデザイナーの罪だということです。

内容がスッキリしていてとても読みやすく、あっという間に読めてしまう本ですが大切なことに気がつかせてくれる本でした。

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック


縞模様の歴史

関連記事

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

ダサいとは何か

ダサいとはなにか ダサいを科学する

ダサいを科学するとダサいと言われないためにはとてつもない努力が必要だという事がわかってきました。

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 Kindle版 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也 文系と理系クリエイティブ

Kindle Unlimitedで読めたデジタル広告の良書です。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト