畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.10.6

面白くならない企画は一つもない 煮詰まりを解消してくれる薬


フェイスブックのタイムラインに流れてくる電通報で高崎卓馬さんのクリエイティブクリニックを知りました。



その内容があまりにも企業のリブランディング案件で悩んでいる自分の視座をあげてくれる内容だったので、記事の中で薦められるがままに記事タイトルの本を購入。内容は高崎さんが、広告作りで悩める後輩トミタ君のためにクリエイティブの処方箋を施すというもの。事例は広告、主にCMを題材に作られていますが、クリエイティブの本質に違いはないのでブランディングに悩んでいる自分にもためになる内容でした。

面白くならない企画はひとつもない

本の中で特にセツメイ病と名付けられている病気がまさに自分がはまっていた病気です。ロゴを作るために会社のミッションやビジョンを分解し、これだと思う答えをビジュアル化したロゴを作っていたのですが、どうにもしっくりこない。なんども見つけたキーワードを手を替え品を替え、洗練させていったのですが全く受け入れられないし、自分でも正解と思えなくなってきた。そこで気が付いたのが、自分の患っていたセツメイ病は説明の手法にこだわるだけで、説明するものの本質を捕らえられていなかったこと。読んでから作ったロゴは自分でもクライアントも納得できるものになったという嘘のようなホントの話です。



中身もさることながら、一番響いたのはタイトルです。煮詰まって制作が思うように進まない時、そもそもこの会社のミッションが悪い、社名が悪いのではないかと疑ってしまった自分がいたのですが、当たり前ですがそんなことはなく、どう表現するかが重要なのだと改めて再認識。これは自分が常々思っている「フォントに罪はない」ということと同じ感覚で、デザインしているときに思わずフォントが悪いなどと思ってしまうことがあると思いますが、それはフォントが悪いのではなくフォントを適所に配置できていないデザイナーの罪だということです。

内容がスッキリしていてとても読みやすく、あっという間に読めてしまう本ですが大切なことに気がつかせてくれる本でした。

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック


縞模様の歴史

関連記事

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

能登町イカモニュメント

能登町のイカモニュメントはなんで批判されてしまうのか

能登町のイカモニュメント、かわいいのになんで非難されてしまうのでしょうか。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

画像の比較で感じる「都市の美しさ」とは何か

画像の比較で感じる「都市の美しさ」とは何か

都市の景観の美しさに何が影響しているのか、画像の比較で感じてみます。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

インターフェイスデザインの心理学

インターフェイスデザインの心理学 これ一冊あればもう他いらないです

インターフェイスデザインはこの一冊でいけます。

世界で勝てるブランディングカンパニー

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性

インナーブランディングを実践する前に知っておきたいポイントがありました。

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト