畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.10.6

面白くならない企画は一つもない 煮詰まりを解消してくれる薬


フェイスブックのタイムラインに流れてくる電通報で高崎卓馬さんのクリエイティブクリニックを知りました。

その内容があまりにも企業のリブランディング案件で悩んでいる自分の視座をあげてくれる内容だったので、記事の中で薦められるがままに記事タイトルの本を購入。内容は高崎さんが、広告作りで悩める後輩トミタ君のためにクリエイティブの処方箋を施すというもの。事例は広告、主にCMを題材に作られていますが、クリエイティブの本質に違いはないのでブランディングに悩んでいる自分にもためになる内容でした。

面白くならない企画はひとつもない

本の中で特にセツメイ病と名付けられている病気がまさに自分がはまっていた病気です。ロゴを作るために会社のミッションやビジョンを分解し、これだと思う答えをビジュアル化したロゴを作っていたのですが、どうにもしっくりこない。なんども見つけたキーワードを手を替え品を替え、洗練させていったのですが全く受け入れられないし、自分でも正解と思えなくなってきた。そこで気が付いたのが、自分の患っていたセツメイ病は説明の手法にこだわるだけで、説明するものの本質を捕らえられていなかったこと。読んでから作ったロゴは自分でもクライアントも納得できるものになったという嘘のようなホントの話です。

中身もさることながら、一番響いたのはタイトルです。煮詰まって制作が思うように進まない時、そもそもこの会社のミッションが悪い、社名が悪いのではないかと疑ってしまった自分がいたのですが、当たり前ですがそんなことはなく、どう表現するかが重要なのだと改めて再認識。これは自分が常々思っている「フォントに罪はない」ということと同じ感覚で、デザインしているときに思わずフォントが悪いなどと思ってしまうことがあると思いますが、それはフォントが悪いのではなくフォントを適所に配置できていないデザイナーの罪だということです。

内容がスッキリしていてとても読みやすく、あっという間に読めてしまう本ですが大切なことに気がつかせてくれる本でした。

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック


縞模様の歴史

関連記事

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト