畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.9.30

利休にたずねよ 美の探求者


歴史上もっとも偉大な茶匠の一人、千利休の人間らしさを一人の女性と一つの香合を通じて描き出した小説です。

利久にたずねよ

歴史上の人物と利久とのエピソードを通じて利休の愛した一人の女性と関係性がよく描かれていますが、物語の中心は利休がどれほど茶の湯というものにこだわり、美しさを追い求めていたのかを、目の前で起こっていることのように浮かび上がらせています。

たくさんあるエピソードの中で利休の茶の湯の雰囲気をよく伝えているなと感じたのが徳川家康を茶の湯に招いた「木守」という話。

秀吉から謀反の嫌疑がかけられている家康が、秀吉からの命を受けた利休から茶の湯に招かれ、毒殺されるかもしれない緊張感の中、一席を過ごします。茶を喫する前の白湯からはじまり、食事、お酒を食し緊張がほぐれていく様子は、読んでいるとお腹が空いてくるほどシズル感に溢れています。

木守というタイトルの意味は、利休が持つ赤い茶碗の銘です。秋に柿を収穫するとき来年も豊かに実るようにと願いを込めて一つだけ残す柿のことを木守と呼ぶそうですが、長次郎に焼かせたいくつかの茶碗を弟子たちに先に選ばせ最後に残った茶碗に木守と名付けて自分のものとしたというから粋です。

読み進めると茶の湯と言うのがどんな意味を持って成り立っていったのか、安土桃山時代における茶の湯が持っていた政治的な意味合いなど、多面的に楽しめる一冊です。

利休にたずねよ


縞模様の歴史

関連記事

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

茶室とインテリア

茶室とインテリア 時代は変わる

内田繁さんのこの本を読んだのは10年以上前だったと思います。その時は友人に借りて読みましたが久しぶりに読みたくなって今度はアマゾンで注文しました。 茶室とインテリアというタイトルですが、日本人が伝統的

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

映画術 エンジニアと非エンジニアの世界

世の中にはエンジニアと非エンジニアがいます。

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト