畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.9.30

利休にたずねよ 美の探求者


歴史上もっとも偉大な茶匠の一人、千利休の人間らしさを一人の女性と一つの香合を通じて描き出した小説です。

利久にたずねよ

歴史上の人物と利久とのエピソードを通じて利休の愛した一人の女性と関係性がよく描かれていますが、物語の中心は利休がどれほど茶の湯というものにこだわり、美しさを追い求めていたのかを、目の前で起こっていることのように浮かび上がらせています。

たくさんあるエピソードの中で利休の茶の湯の雰囲気をよく伝えているなと感じたのが徳川家康を茶の湯に招いた「木守」という話。

秀吉から謀反の嫌疑がかけられている家康が、秀吉からの命を受けた利休から茶の湯に招かれ、毒殺されるかもしれない緊張感の中、一席を過ごします。茶を喫する前の白湯からはじまり、食事、お酒を食し緊張がほぐれていく様子は、読んでいるとお腹が空いてくるほどシズル感に溢れています。

木守というタイトルの意味は、利休が持つ赤い茶碗の銘です。秋に柿を収穫するとき来年も豊かに実るようにと願いを込めて一つだけ残す柿のことを木守と呼ぶそうですが、長次郎に焼かせたいくつかの茶碗を弟子たちに先に選ばせ最後に残った茶碗に木守と名付けて自分のものとしたというから粋です。

読み進めると茶の湯と言うのがどんな意味を持って成り立っていったのか、安土桃山時代における茶の湯が持っていた政治的な意味合いなど、多面的に楽しめる一冊です。

利休にたずねよ


縞模様の歴史

関連記事

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

note

noteはじめました

noteはじめました。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

映画術 エンジニアと非エンジニアの世界

世の中にはエンジニアと非エンジニアがいます。

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

オリンピックデザインマーケティング

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ

グラフィックデザイナー、そしてデザインを依頼するクライアント必読です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト