畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.5.19

Helvetica Now


史上最も愛され使われてきた書体と言っても過言ではないHelveticaが新しくなりました。

もともと1957年に誕生した書体は、マイナーアップデートを重ねながら現在に至っていますが、サインや印刷媒体適正で作られた書体は、Apple Watchやスマートフォンのような極小画面でディスプレイすることは当然想定されていないため、より歌詞性の高いユニバース、フルティガー、アヴェニールと言った書体に遅れをとり企業書体からも外す企業が増えています。

MONOTYPE社は、Helveticaをディスプレイで見られることを想定してアップデートし、これまでグラフィックデザイナーが独自の工夫でデザインを行う際に行ってきたプロポーションやカーニングの調整など、4万文字全てに対してい行ったそうです。

Helvetica Now

Helvetica Now
※MONOTYPE社webサイトより。

Helvetica Nowはこちらのサイトからフリー版のDisplay Blackがダウンロードできる他、オンライン上で試し打ちもできます。

MONOTYPE Helvetica Now

水のように浸透していると言われるHelveticaの新しくなった姿を試してはいかがでしょうか。

Helvetica forever ヘルベチカ・フォーエバー -タイプフェイスをこえて-


縞模様の歴史

関連記事

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 が2017年3月3日(金)よりスタートします。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

絶対フォント感を身につける

絶対フォント感を身につける 第三弾

MdNさん人気企画「絶対フォント感を身につける」の第三弾です!

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

源ノ明朝

Source Han Serif 源ノ明朝 7ウェイトを伴ってリリース

AdobeとGoogleの共同開発した源ノ明朝をヒラギノ明朝と比較してみました。

横浜トリエンナーレ

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー

日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

フォントワークス

フォントワークスとMonotype社が業務提携 CIとCPサイトをリニューアル

フォントワークスとMonotype社が業務提携を行いました。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

MdN

絶対フォント感 MdN

絶対音感ならぬ絶対フォント感、アートディレクター必須のスキルです。

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト