畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.5.19

Helvetica Now


史上最も愛され使われてきた書体と言っても過言ではないHelveticaが新しくなりました。

もともと1957年に誕生した書体は、マイナーアップデートを重ねながら現在に至っていますが、サインや印刷媒体適正で作られた書体は、Apple Watchやスマートフォンのような極小画面でディスプレイすることは当然想定されていないため、より歌詞性の高いユニバース、フルティガー、アヴェニールと言った書体に遅れをとり企業書体からも外す企業が増えています。

MONOTYPE社は、Helveticaをディスプレイで見られることを想定してアップデートし、これまでグラフィックデザイナーが独自の工夫でデザインを行う際に行ってきたプロポーションやカーニングの調整など、4万文字全てに対してい行ったそうです。

Helvetica Now

Helvetica Now
※MONOTYPE社webサイトより。

Helvetica Nowはこちらのサイトからフリー版のDisplay Blackがダウンロードできる他、オンライン上で試し打ちもできます。

MONOTYPE Helvetica Now

水のように浸透していると言われるHelveticaの新しくなった姿を試してはいかがでしょうか。

Helvetica forever ヘルベチカ・フォーエバー -タイプフェイスをこえて-


縞模様の歴史

関連記事

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

ヘルベチカブック

書体へのマニアへの誘い helvetica book

デザインをするしないにかかわらず知っている人が多いであろう書体ヘルベチカ、なんとなく知っているようで実は知らなかったり、ヘルベチカだと思っていた書体が実はヘルベチカじゃなかったりといろいろなことに気が

Lee Kyeongsoo

イ・ギョンスによるタイポグラフィ展 迷い鳥たち:文字の練習 PRINT GALLERY

白金の裏通りにひっそりとありながら、上質な展示をしてくださるPRINT GALLERYさんで久しぶりの展示があります。

フォントマッチングブック 表紙

PIE International フォント マッチングブック アイデア秀逸

紙媒体に関わるデザイナー、編集者におすすめのフォントマッチングブック。

にじみフォント比較

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝

font,fontplus,大日本印刷,にじみフォント,藤田重信

こんな雑誌を待っていた文字マニアのためのTYPOGRAPHY

デザイン関連の書籍が増えた気がします、いやもともといっぱいあったのですが作品集とかアイデア本とかレイアウトルールとか詰まった時に索くような本が多かったのですが、ここ最近は特に印刷関連と文字関係の本が増

fontplus day

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] 小林章

過去何度か足を運ばせていただき、いつもためになるセミナーを無料!(有料でも良いです)で実施してくださっているFONTPLUS DAYのVol.7が2月22日にあります。

真四角

江戸から現代へ 書体プロジェクト「真四角」初の個展を開催

デザインプロジェクト「真四角」による初の個展「真四角博覧会」を開催。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト