畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.5.19

Helvetica Now


史上最も愛され使われてきた書体と言っても過言ではないHelveticaが新しくなりました。

もともと1957年に誕生した書体は、マイナーアップデートを重ねながら現在に至っていますが、サインや印刷媒体適正で作られた書体は、Apple Watchやスマートフォンのような極小画面でディスプレイすることは当然想定されていないため、より歌詞性の高いユニバース、フルティガー、アヴェニールと言った書体に遅れをとり企業書体からも外す企業が増えています。

MONOTYPE社は、Helveticaをディスプレイで見られることを想定してアップデートし、これまでグラフィックデザイナーが独自の工夫でデザインを行う際に行ってきたプロポーションやカーニングの調整など、4万文字全てに対してい行ったそうです。

Helvetica Now

Helvetica Now
※MONOTYPE社webサイトより。

Helvetica Nowはこちらのサイトからフリー版のDisplay Blackがダウンロードできる他、オンライン上で試し打ちもできます。

MONOTYPE Helvetica Now

水のように浸透していると言われるHelveticaの新しくなった姿を試してはいかがでしょうか。

Helvetica forever ヘルベチカ・フォーエバー -タイプフェイスをこえて-


縞模様の歴史

関連記事

フォントワークス

フォントワークスとMonotype社が業務提携 CIとCPサイトをリニューアル

フォントワークスとMonotype社が業務提携を行いました。

絶対フォント感を身につける

絶対フォント感を身につける 第三弾

MdNさん人気企画「絶対フォント感を身につける」の第三弾です!

源ノ明朝

Source Han Serif 源ノ明朝 7ウェイトを伴ってリリース

AdobeとGoogleの共同開発した源ノ明朝をヒラギノ明朝と比較してみました。

MdN

絶対フォント感 MdN

絶対音感ならぬ絶対フォント感、アートディレクター必須のスキルです。

ヘルベチカブック

書体へのマニアへの誘い helvetica book

デザインをするしないにかかわらず知っている人が多いであろう書体ヘルベチカ、なんとなく知っているようで実は知らなかったり、ヘルベチカだと思っていた書体が実はヘルベチカじゃなかったりといろいろなことに気が

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 が2017年3月3日(金)よりスタートします。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

真四角

江戸から現代へ 書体プロジェクト「真四角」初の個展を開催

デザインプロジェクト「真四角」による初の個展「真四角博覧会」を開催。

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト