畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.2.24

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


2020年オリンピックエンブレムのデザインに関して考察する一冊は、今後のグラフィックデザインが突き当たる壁と、それを乗り越える道を指し示す一冊でもありました。

本の構成

2020年の東京オリンピックのエンブレムデザイン盗作疑惑があり、再選考が行われた事はまだ記憶に新しいですが、一連の流れを資料をもとに客観的に考察されたものを読んだことはありませんでした。
オリンピックデザインマーケティング

この本は、誰もが気になる「パクリ」と「出来レース」があったのかどうかを論点にしていますが、2020年のオリンピックエンブレムだけに焦点を当てて考察するのではなく、過去にオリンピックやデザイン関係者が、どのように1964年の東京オリンピック、札幌オリンピック、万博などの公的な大規模イベントでのロゴマーク制作に取り組んできたのかを紐解きながら、東京大会のエンブレムに関してなぜ疑惑が巻き起こったのかを丁寧に解説しています。

実物を見るとわかりますが非常に分厚く、その厚さに比例して中身も濃いですが、全体の構成は8章に分かれていて、エンブレムの作り方の歴史や、オリンピックマーケティング、炎上問題など興味のある分野から読めるようになっていて読みやすいです。

作り方と使い方

パクリかどうかに関する詳細な説明は、本の中でじっくり語られているので割愛しますが、興味深いのは佐野研二郎さんの案がどのような「作り方」で作られ、どういう「使い方」をするために作られたのか、に焦点を当てて解説していることです。

それによって、今回のエンブレムがなぜこのような騒動まで発展してしまったのかを、客観的に分析できるとともに、参加コストが他のデザインと比べると低いグラフィックデザインという仕事が抱え、グラフィックデザイナーという職業がぶつかっている壁を浮き彫りにしています。

ロゴマークを作るグラフィックデザイナー、そしてロゴマークを依頼するクライアントに特に読んでもらいたい一冊でした。

オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


縞模様の歴史

関連記事

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

TOYOTA PHEATON AB 完成

息抜きのつもりが息の抜けないプラモデル作り TOYOTA PHAETON AB デザインの訓練になるかも

プラモデル作りは老眼に堪えます

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト