畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.2.24

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


2020年オリンピックエンブレムのデザインに関して考察する一冊は、今後のグラフィックデザインが突き当たる壁と、それを乗り越える道を指し示す一冊でもありました。

本の構成

2020年の東京オリンピックのエンブレムデザイン盗作疑惑があり、再選考が行われた事はまだ記憶に新しいですが、一連の流れを資料をもとに客観的に考察されたものを読んだことはありませんでした。
オリンピックデザインマーケティング

この本は、誰もが気になる「パクリ」と「出来レース」があったのかどうかを論点にしていますが、2020年のオリンピックエンブレムだけに焦点を当てて考察するのではなく、過去にオリンピックやデザイン関係者が、どのように1964年の東京オリンピック、札幌オリンピック、万博などの公的な大規模イベントでのロゴマーク制作に取り組んできたのかを紐解きながら、東京大会のエンブレムに関してなぜ疑惑が巻き起こったのかを丁寧に解説しています。

実物を見るとわかりますが非常に分厚く、その厚さに比例して中身も濃いですが、全体の構成は8章に分かれていて、エンブレムの作り方の歴史や、オリンピックマーケティング、炎上問題など興味のある分野から読めるようになっていて読みやすいです。

作り方と使い方

パクリかどうかに関する詳細な説明は、本の中でじっくり語られているので割愛しますが、興味深いのは佐野研二郎さんの案がどのような「作り方」で作られ、どういう「使い方」をするために作られたのか、に焦点を当てて解説していることです。

それによって、今回のエンブレムがなぜこのような騒動まで発展してしまったのかを、客観的に分析できるとともに、参加コストが他のデザインと比べると低いグラフィックデザインという仕事が抱え、グラフィックデザイナーという職業がぶつかっている壁を浮き彫りにしています。

ロゴマークを作るグラフィックデザイナー、そしてロゴマークを依頼するクライアントに特に読んでもらいたい一冊でした。

オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


縞模様の歴史

関連記事

映画術 エンジニアと非エンジニアの世界

世の中にはエンジニアと非エンジニアがいます。

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

note

noteはじめました

noteはじめました。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト