畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.2.24

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


2020年オリンピックエンブレムのデザインに関して考察する一冊は、今後のグラフィックデザインが突き当たる壁と、それを乗り越える道を指し示す一冊でもありました。

本の構成

2020年の東京オリンピックのエンブレムデザイン盗作疑惑があり、再選考が行われた事はまだ記憶に新しいですが、一連の流れを資料をもとに客観的に考察されたものを読んだことはありませんでした。
オリンピックデザインマーケティング

この本は、誰もが気になる「パクリ」と「出来レース」があったのかどうかを論点にしていますが、2020年のオリンピックエンブレムだけに焦点を当てて考察するのではなく、過去にオリンピックやデザイン関係者が、どのように1964年の東京オリンピック、札幌オリンピック、万博などの公的な大規模イベントでのロゴマーク制作に取り組んできたのかを紐解きながら、東京大会のエンブレムに関してなぜ疑惑が巻き起こったのかを丁寧に解説しています。

実物を見るとわかりますが非常に分厚く、その厚さに比例して中身も濃いですが、全体の構成は8章に分かれていて、エンブレムの作り方の歴史や、オリンピックマーケティング、炎上問題など興味のある分野から読めるようになっていて読みやすいです。

作り方と使い方

パクリかどうかに関する詳細な説明は、本の中でじっくり語られているので割愛しますが、興味深いのは佐野研二郎さんの案がどのような「作り方」で作られ、どういう「使い方」をするために作られたのか、に焦点を当てて解説していることです。

それによって、今回のエンブレムがなぜこのような騒動まで発展してしまったのかを、客観的に分析できるとともに、参加コストが他のデザインと比べると低いグラフィックデザインという仕事が抱え、グラフィックデザイナーという職業がぶつかっている壁を浮き彫りにしています。

ロゴマークを作るグラフィックデザイナー、そしてロゴマークを依頼するクライアントに特に読んでもらいたい一冊でした。

オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


縞模様の歴史

関連記事

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

TOYOTA PHEATON AB 完成

息抜きのつもりが息の抜けないプラモデル作り TOYOTA PHAETON AB デザインの訓練になるかも

プラモデル作りは老眼に堪えます

利久にたずねよ

利休にたずねよ 美の探求者

デザインの真髄がここにあるかも。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

教養としての認知科学

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊

デザインで役に立つ認知心理学入門書。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト