畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.2.24

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


2020年オリンピックエンブレムのデザインに関して考察する一冊は、今後のグラフィックデザインが突き当たる壁と、それを乗り越える道を指し示す一冊でもありました。

本の構成

2020年の東京オリンピックのエンブレムデザイン盗作疑惑があり、再選考が行われた事はまだ記憶に新しいですが、一連の流れを資料をもとに客観的に考察されたものを読んだことはありませんでした。
オリンピックデザインマーケティング

この本は、誰もが気になる「パクリ」と「出来レース」があったのかどうかを論点にしていますが、2020年のオリンピックエンブレムだけに焦点を当てて考察するのではなく、過去にオリンピックやデザイン関係者が、どのように1964年の東京オリンピック、札幌オリンピック、万博などの公的な大規模イベントでのロゴマーク制作に取り組んできたのかを紐解きながら、東京大会のエンブレムに関してなぜ疑惑が巻き起こったのかを丁寧に解説しています。

実物を見るとわかりますが非常に分厚く、その厚さに比例して中身も濃いですが、全体の構成は8章に分かれていて、エンブレムの作り方の歴史や、オリンピックマーケティング、炎上問題など興味のある分野から読めるようになっていて読みやすいです。

作り方と使い方

パクリかどうかに関する詳細な説明は、本の中でじっくり語られているので割愛しますが、興味深いのは佐野研二郎さんの案がどのような「作り方」で作られ、どういう「使い方」をするために作られたのか、に焦点を当てて解説していることです。

それによって、今回のエンブレムがなぜこのような騒動まで発展してしまったのかを、客観的に分析できるとともに、参加コストが他のデザインと比べると低いグラフィックデザインという仕事が抱え、グラフィックデザイナーという職業がぶつかっている壁を浮き彫りにしています。

ロゴマークを作るグラフィックデザイナー、そしてロゴマークを依頼するクライアントに特に読んでもらいたい一冊でした。

オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ


縞模様の歴史

関連記事

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

映画術 エンジニアと非エンジニアの世界

世の中にはエンジニアと非エンジニアがいます。

利久にたずねよ

利休にたずねよ 美の探求者

デザインの真髄がここにあるかも。

TOYOTA PHEATON AB 完成

息抜きのつもりが息の抜けないプラモデル作り TOYOTA PHAETON AB デザインの訓練になるかも

プラモデル作りは老眼に堪えます

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

MUJI BOOKS

リニューアル無印良品有楽町 小売のこれから

リニューアルしたからではなくたまたま化粧水がなくなってしまいどうしても買いたかったので、仕事の関係で閉店ギリギリになってしまったのですがちょこっとだけ覗いてきました

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト