畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.2.17

判断のデザイン チップ・キッドTED Books


世界的講演会「TED Conference」を開催するTEDが出版するTED Booksから「判断のデザイン」をご紹介します。

ブックデザイナーのチップ・キッドが、様々なデザインを「明瞭(クリア)」か「不可解(ミステリアス)」で仕分けながら、解説をするとてもシンプルな本です。

判断のデザイン

タイトルは少し難しそうな印象を受けますが、見開き右ページにデザインの写真、左ページにその解説が短い文章で書かれていてサクサク読めてしまいます。

読みやすさのもう一つの理由は、TEDでのプレゼンテーションスライドをそのまま本にしたような本だというところです。

The art of first impressions — in design and life

この本を読まなくても内容は上記リンクのプレゼンを見るとほとんど理解できますが、本のレイアウトデザインがとても美しく、プレゼンテーションでは出てこない題材もあります。

ビジュアルと解説

判断のデザイン 中面

デザインの解説は著者のデザインロジックをベースに、時に感情もいれながら、バッサバッサと切り捨てられていく様は読んでいて気持ちが良いです。全て読み進めていくと特に結論も出ないまま終わってしまいます。

デザインに限らず第一印象がクリアであるべきか、ミステリアスであるべきかは、その後の思考に大きな影響を与えてしまう事があるという主題は、非常に明確なのにはっきりと何かを言い切っていないところが、読み手に思考を巡らせることを促します。

判断のデザイン 中面

個人的には取り上げられている著者が手がけたデザインの写真、特にブックカバーの文字組の美しさをみられただけでも本を開いた価値があると思いました。

デザインに煮詰まっている時に開くと、自分が選ぶべき道がひらけるかもしれません。

判断のデザイン (TEDブックス)


縞模様の歴史

関連記事

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

茶室とインテリア

茶室とインテリア 時代は変わる

内田繁さんのこの本を読んだのは10年以上前だったと思います。その時は友人に借りて読みましたが久しぶりに読みたくなって今度はアマゾンで注文しました。 茶室とインテリアというタイトルですが、日本人が伝統的

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

ios7

フラットデザインとスキュアモーフィズム

最近ipadアプリのUIをデザインしています。複雑なアプリではないのですがただ平面で考えるのではなく立体的に考えてデザインしなければいけないので面白いです。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト