畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.2.17

判断のデザイン チップ・キッドTED Books


世界的講演会「TED Conference」を開催するTEDが出版するTED Booksから「判断のデザイン」をご紹介します。

ブックデザイナーのチップ・キッドが、様々なデザインを「明瞭(クリア)」か「不可解(ミステリアス)」で仕分けながら、解説をするとてもシンプルな本です。

判断のデザイン

タイトルは少し難しそうな印象を受けますが、見開き右ページにデザインの写真、左ページにその解説が短い文章で書かれていてサクサク読めてしまいます。

読みやすさのもう一つの理由は、TEDでのプレゼンテーションスライドをそのまま本にしたような本だというところです。

The art of first impressions — in design and life

この本を読まなくても内容は上記リンクのプレゼンを見るとほとんど理解できますが、本のレイアウトデザインがとても美しく、プレゼンテーションでは出てこない題材もあります。

ビジュアルと解説

判断のデザイン 中面

デザインの解説は著者のデザインロジックをベースに、時に感情もいれながら、バッサバッサと切り捨てられていく様は読んでいて気持ちが良いです。全て読み進めていくと特に結論も出ないまま終わってしまいます。

デザインに限らず第一印象がクリアであるべきか、ミステリアスであるべきかは、その後の思考に大きな影響を与えてしまう事があるという主題は、非常に明確なのにはっきりと何かを言い切っていないところが、読み手に思考を巡らせることを促します。

判断のデザイン 中面

個人的には取り上げられている著者が手がけたデザインの写真、特にブックカバーの文字組の美しさをみられただけでも本を開いた価値があると思いました。

デザインに煮詰まっている時に開くと、自分が選ぶべき道がひらけるかもしれません。

判断のデザイン (TEDブックス)


縞模様の歴史

関連記事

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

夏目漱石

デザインの基本1  文字の大きさとバランスの関係 同じ要素でどこまで変化がつけられるか。

デザインの基本の「き」をご紹介するシリーズです。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

Think Simple

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編

これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました。

面白くならない企画はひとつもない

面白くならない企画は一つもない 煮詰まりを解消してくれる薬

広告クリエイティブの処方箋はクリエイティブ全般に効果があるようです。

利久にたずねよ

利休にたずねよ 美の探求者

デザインの真髄がここにあるかも。

オリンピックデザインマーケティング

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ

グラフィックデザイナー、そしてデザインを依頼するクライアント必読です。

映画術 エンジニアと非エンジニアの世界

世の中にはエンジニアと非エンジニアがいます。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト