畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.2.17

判断のデザイン チップ・キッドTED Books


世界的講演会「TED Conference」を開催するTEDが出版するTED Booksから「判断のデザイン」をご紹介します。

ブックデザイナーのチップ・キッドが、様々なデザインを「明瞭(クリア)」か「不可解(ミステリアス)」で仕分けながら、解説をするとてもシンプルな本です。

判断のデザイン

タイトルは少し難しそうな印象を受けますが、見開き右ページにデザインの写真、左ページにその解説が短い文章で書かれていてサクサク読めてしまいます。

読みやすさのもう一つの理由は、TEDでのプレゼンテーションスライドをそのまま本にしたような本だというところです。

The art of first impressions — in design and life

この本を読まなくても内容は上記リンクのプレゼンを見るとほとんど理解できますが、本のレイアウトデザインがとても美しく、プレゼンテーションでは出てこない題材もあります。

ビジュアルと解説

判断のデザイン 中面

デザインの解説は著者のデザインロジックをベースに、時に感情もいれながら、バッサバッサと切り捨てられていく様は読んでいて気持ちが良いです。全て読み進めていくと特に結論も出ないまま終わってしまいます。

デザインに限らず第一印象がクリアであるべきか、ミステリアスであるべきかは、その後の思考に大きな影響を与えてしまう事があるという主題は、非常に明確なのにはっきりと何かを言い切っていないところが、読み手に思考を巡らせることを促します。

判断のデザイン 中面

個人的には取り上げられている著者が手がけたデザインの写真、特にブックカバーの文字組の美しさをみられただけでも本を開いた価値があると思いました。

デザインに煮詰まっている時に開くと、自分が選ぶべき道がひらけるかもしれません。

判断のデザイン (TEDブックス)


縞模様の歴史

関連記事

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

教養としての認知科学

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊

デザインで役に立つ認知心理学入門書。

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト