畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.1.14

息抜きのつもりが息の抜けないプラモデル作り TOYOTA PHAETON AB デザインの訓練になるかも


お正月にまとまった休みが取れたので、普段はできないことを何かやりたいなと思い、仕事の関連で興味が湧いてきてた模型づくりの一環でプラモデルを買ってみました。

プラモデルをまともに作るのなんて中学校以来で正直まともに作れる気もしないし、塗料はおろかセメダインすら手元にないので一式買い揃えるところからスタートしました。
結局お正月では作りきれず、というかそこまでやる気が起きなかったのですが、この3連休を使ってほぼ仕上げました。

息抜きどころか気を使いまくるプラモデル作り

今回作ったのはTOYOTA PHEATON ABというトヨタ初の量産自動車のオープンタイプ。鳥山明が描きそうなフォルムがとてもカッコよくヤマダ電機で一目惚れして即買いしました。
本体を買ったはいいものの、まず塗料がないので必要な塗料と筆、セメダインにニッパーなど必要なものを買い揃えるところからスタート、買ったのはこんな感じなのですが、後々ハンドドリルも必要になることがわかり追加で購入しました。

TOYOTA PHEATON ABパッケージ

正味3日ほどをかけて作り上げたのがこちらです。

TOYOTA PHAETON AB 完成

まだ細部のシルバー塗装などができてないのですが、とりあえずなんとか形にしました。一応指示通りの配合で塗料を作ったつもりだったのですが、ピンク色っぽくなってしまいました。これはこれでかわいかったので幌の色を濃いめにすることで全体の色のバランスをとりました。

TOYOTA PHAETON AB サイズ感

手を出すとサイズ感が伝わると思います。実際箱を見てる時はもっと大きいと思っていたのですがあまりの小ささになんども挫折しそうになりました。

今日最後のデカール(シール)を貼ったりしていたのですが、あまりの細かさにメガネを外さないと作業できませんでした。そろそろ老眼鏡が必要かも。。

TOYOTA PHAETON AB デカール

このサイズです。。ピンセット使わないと絶対無理です。

TOYOTA PHAETON AB 横

白バックでも撮ってみました。

TOYOTA PHAETON AB 正面

実際はこっちの方が先に撮ったので、シルバーが入ってない部分があります。ガラスの接着に失敗して汚れたのが目立ちます。

TOYOTA PHAETON AB 横

横です。

TOYOTA PHAETON AB 斜め後ろ

後ろから。スペアタイアの上についてるちっちゃな赤い点がさっきのシールです。

正直全然いい感じにできてるとは思わないのですが、ここまで作りきると達成感はかなりあります。最近実際に手を動かしてこういう制作物を作ることも忘れてたので良い訓練になったのと配色を考えるのは結構楽しかったです。

時間ができたらもう一台別の配色で作ってみたいです。Cow Paradeみたいに車にいろんなペイントをしたらおもしろいかも。

もしかするとデザイナーとしての訓練になるかもしれないのでお試しください。ならないか。

タミヤ トヨタ AB型 フェートン プラモデル


縞模様の歴史

関連記事

世界で勝てるブランディングカンパニー

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性

インナーブランディングを実践する前に知っておきたいポイントがありました。

パルプモウルド ドリンクキャリア

「誰も知らないデザイン Vol.1」アノニマスデザイン ドリンクキャリア パルプモウルド

パルプモウルドで作られた美しいドリンクキャリア。

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト