畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2019.1.14

息抜きのつもりが息の抜けないプラモデル作り TOYOTA PHAETON AB デザインの訓練になるかも


お正月にまとまった休みが取れたので、普段はできないことを何かやりたいなと思い、仕事の関連で興味が湧いてきてた模型づくりの一環でプラモデルを買ってみました。

プラモデルをまともに作るのなんて中学校以来で正直まともに作れる気もしないし、塗料はおろかセメダインすら手元にないので一式買い揃えるところからスタートしました。
結局お正月では作りきれず、というかそこまでやる気が起きなかったのですが、この3連休を使ってほぼ仕上げました。

息抜きどころか気を使いまくるプラモデル作り

今回作ったのはTOYOTA PHEATON ABというトヨタ初の量産自動車のオープンタイプ。鳥山明が描きそうなフォルムがとてもカッコよくヤマダ電機で一目惚れして即買いしました。
本体を買ったはいいものの、まず塗料がないので必要な塗料と筆、セメダインにニッパーなど必要なものを買い揃えるところからスタート、買ったのはこんな感じなのですが、後々ハンドドリルも必要になることがわかり追加で購入しました。

TOYOTA PHEATON ABパッケージ

正味3日ほどをかけて作り上げたのがこちらです。

TOYOTA PHAETON AB 完成

まだ細部のシルバー塗装などができてないのですが、とりあえずなんとか形にしました。一応指示通りの配合で塗料を作ったつもりだったのですが、ピンク色っぽくなってしまいました。これはこれでかわいかったので幌の色を濃いめにすることで全体の色のバランスをとりました。

TOYOTA PHAETON AB サイズ感

手を出すとサイズ感が伝わると思います。実際箱を見てる時はもっと大きいと思っていたのですがあまりの小ささになんども挫折しそうになりました。

今日最後のデカール(シール)を貼ったりしていたのですが、あまりの細かさにメガネを外さないと作業できませんでした。そろそろ老眼鏡が必要かも。。

TOYOTA PHAETON AB デカール

このサイズです。。ピンセット使わないと絶対無理です。

TOYOTA PHAETON AB 横

白バックでも撮ってみました。

TOYOTA PHAETON AB 正面

実際はこっちの方が先に撮ったので、シルバーが入ってない部分があります。ガラスの接着に失敗して汚れたのが目立ちます。

TOYOTA PHAETON AB 横

横です。

TOYOTA PHAETON AB 斜め後ろ

後ろから。スペアタイアの上についてるちっちゃな赤い点がさっきのシールです。

正直全然いい感じにできてるとは思わないのですが、ここまで作りきると達成感はかなりあります。最近実際に手を動かしてこういう制作物を作ることも忘れてたので良い訓練になったのと配色を考えるのは結構楽しかったです。

時間ができたらもう一台別の配色で作ってみたいです。Cow Paradeみたいに車にいろんなペイントをしたらおもしろいかも。

もしかするとデザイナーとしての訓練になるかもしれないのでお試しください。ならないか。

タミヤ トヨタ AB型 フェートン プラモデル


縞模様の歴史

関連記事

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

オリンピックデザインマーケティング

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ

グラフィックデザイナー、そしてデザインを依頼するクライアント必読です。

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト