畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.31

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち


夏季休暇の旅のお供に原研哉さんの日本のデザインを持っていきました。
日本のデザイン
この本は、原さんが自身が携わった展覧会やプロジェクトの中でもとりわけ日本らしさを感じるアウトプットを通じて、日本のデザインについて書いています。日本のデザインとは、顕在化した見た目の形状のデザインについてというより、人口も縮小を続け、デザインとはだけを悠長に考えているだけではいられなくなってきた時代においての、これまでの、そしてこれからの日本のデザインについて書かれています。

そこにはデザイナーとしてだけでなく、文化・経済を動かす人としてどのように社会と関わっていくべきかという目線も盛り込まれています。

例えばこの本が出版されたのは2011年ですが、2011年といえば日本人にとっては忘れられない災害が起こった年で、災害からの復興という目線で、今の日本だからできる新しい経済や開発のあり方に触れられているのは、さすがだなと感じました。また瀬戸内芸術祭では、非常に長いスパンで計画され成功した今でいう地方創生の事例についての考察も見られます。

僕はたまたまこの本を休暇中の海外に持っていく一冊に選び、日本とは全く違う環境で読みました。たまたま本の中でリゾート開発に触れられていたり、世界のトップ企業20に日本が入っていないニュースなどを目にして、日本の産業・文化がどこへ向かうべきなのかを考えている時に読んだので、考えるべき事柄の一つの指標になりました。

日本のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

ios7

フラットデザインとスキュアモーフィズム

最近ipadアプリのUIをデザインしています。複雑なアプリではないのですがただ平面で考えるのではなく立体的に考えてデザインしなければいけないので面白いです。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

MUJI BOOKS

リニューアル無印良品有楽町 小売のこれから

リニューアルしたからではなくたまたま化粧水がなくなってしまいどうしても買いたかったので、仕事の関係で閉店ギリギリになってしまったのですがちょこっとだけ覗いてきました

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト