畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.31

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち


夏季休暇の旅のお供に原研哉さんの日本のデザインを持っていきました。
日本のデザイン
この本は、原さんが自身が携わった展覧会やプロジェクトの中でもとりわけ日本らしさを感じるアウトプットを通じて、日本のデザインについて書いています。日本のデザインとは、顕在化した見た目の形状のデザインについてというより、人口も縮小を続け、デザインとはだけを悠長に考えているだけではいられなくなってきた時代においての、これまでの、そしてこれからの日本のデザインについて書かれています。

そこにはデザイナーとしてだけでなく、文化・経済を動かす人としてどのように社会と関わっていくべきかという目線も盛り込まれています。

例えばこの本が出版されたのは2011年ですが、2011年といえば日本人にとっては忘れられない災害が起こった年で、災害からの復興という目線で、今の日本だからできる新しい経済や開発のあり方に触れられているのは、さすがだなと感じました。また瀬戸内芸術祭では、非常に長いスパンで計画され成功した今でいう地方創生の事例についての考察も見られます。

僕はたまたまこの本を休暇中の海外に持っていく一冊に選び、日本とは全く違う環境で読みました。たまたま本の中でリゾート開発に触れられていたり、世界のトップ企業20に日本が入っていないニュースなどを目にして、日本の産業・文化がどこへ向かうべきなのかを考えている時に読んだので、考えるべき事柄の一つの指標になりました。

日本のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト