畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.31

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち


夏季休暇の旅のお供に原研哉さんの日本のデザインを持っていきました。
日本のデザイン
この本は、原さんが自身が携わった展覧会やプロジェクトの中でもとりわけ日本らしさを感じるアウトプットを通じて、日本のデザインについて書いています。日本のデザインとは、顕在化した見た目の形状のデザインについてというより、人口も縮小を続け、デザインとはだけを悠長に考えているだけではいられなくなってきた時代においての、これまでの、そしてこれからの日本のデザインについて書かれています。

そこにはデザイナーとしてだけでなく、文化・経済を動かす人としてどのように社会と関わっていくべきかという目線も盛り込まれています。

例えばこの本が出版されたのは2011年ですが、2011年といえば日本人にとっては忘れられない災害が起こった年で、災害からの復興という目線で、今の日本だからできる新しい経済や開発のあり方に触れられているのは、さすがだなと感じました。また瀬戸内芸術祭では、非常に長いスパンで計画され成功した今でいう地方創生の事例についての考察も見られます。

僕はたまたまこの本を休暇中の海外に持っていく一冊に選び、日本とは全く違う環境で読みました。たまたま本の中でリゾート開発に触れられていたり、世界のトップ企業20に日本が入っていないニュースなどを目にして、日本の産業・文化がどこへ向かうべきなのかを考えている時に読んだので、考えるべき事柄の一つの指標になりました。

日本のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

教養としての認知科学

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊

デザインで役に立つ認知心理学入門書。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト