畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.31

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち


夏季休暇の旅のお供に原研哉さんの日本のデザインを持っていきました。
日本のデザイン
この本は、原さんが自身が携わった展覧会やプロジェクトの中でもとりわけ日本らしさを感じるアウトプットを通じて、日本のデザインについて書いています。日本のデザインとは、顕在化した見た目の形状のデザインについてというより、人口も縮小を続け、デザインとはだけを悠長に考えているだけではいられなくなってきた時代においての、これまでの、そしてこれからの日本のデザインについて書かれています。

そこにはデザイナーとしてだけでなく、文化・経済を動かす人としてどのように社会と関わっていくべきかという目線も盛り込まれています。

例えばこの本が出版されたのは2011年ですが、2011年といえば日本人にとっては忘れられない災害が起こった年で、災害からの復興という目線で、今の日本だからできる新しい経済や開発のあり方に触れられているのは、さすがだなと感じました。また瀬戸内芸術祭では、非常に長いスパンで計画され成功した今でいう地方創生の事例についての考察も見られます。

僕はたまたまこの本を休暇中の海外に持っていく一冊に選び、日本とは全く違う環境で読みました。たまたま本の中でリゾート開発に触れられていたり、世界のトップ企業20に日本が入っていないニュースなどを目にして、日本の産業・文化がどこへ向かうべきなのかを考えている時に読んだので、考えるべき事柄の一つの指標になりました。

日本のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

ジョナサン・アイブを知るための5冊

Appleの最重要人物の一人が去りました。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

ios7

フラットデザインとスキュアモーフィズム

最近ipadアプリのUIをデザインしています。複雑なアプリではないのですがただ平面で考えるのではなく立体的に考えてデザインしなければいけないので面白いです。

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト