畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.17

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊


自分が作ったプロダクトが人に本当に受け入れられるのか心配したり、受け入れられた時一体何が人の琴線に触れたのかを分析したいと思った時、人が視覚的に「もの」をどうやって認知するのかを理解するのは、一つ重要な要素になります。

今回はそんな認知科学を考える上で役に立ちそうな本をご紹介します。

心を動かすデザインの秘密 荷方邦夫

心を動かすデザインの秘密
あまり学術的ではなく「デザイン」というものがどうやって人に受け入れられて行くのかをわかりやすく解説した書籍です。身近なものを例に認知心理学とデザインを結びつけています。前半は割と軽めの内容ですが後半はデザインとデザイン学の距離の遠さを語っていたりと、学問と実地をどうやって結びつけるのか考えさせられる部分もあります。

心を動かすデザインの秘密

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

アフォーダンス
ギブソンの提唱したアフォーダンスという概念をわかりやすく説明した書籍です。生態学的視覚論で挫折した方は、こちらの本はわかりやすいのでぜひ読んでいただきたいです。個人的にはアフォーダンスを語った部分よりも、人間は変形するものから知覚するという不変項について書かれた部分に興味を惹かれました。

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

教養としての認知科学 鈴木宏昭

教養としての認知科学

「教養としての」という言葉通り認知から記憶、そして思考までを網羅的に扱った書籍です。幅が広いので全体を把握してデザインに即結びつけるのは難しいですが、認知だけでなく思考の観点でも人がどうやって、物事を認知して行くのかなど書いてあって参考になります。

教養としての認知科学 鈴木宏昭

いかがでしたでしょうか、そろそろ夏休みを取られる方もいると思うので、休み明けの仕事のステップアップのためにご参考ください。


縞模様の歴史

関連記事

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

判断のデザイン

判断のデザイン チップ・キッドTED Books

TED Booksからチップ・キッド「判断のデザイン」。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

ローソンのPBパッケージはなぜ受け入れられていないように感じるのか

ローソンPBパッケージを考える

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト