畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.17

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊


自分が作ったプロダクトが人に本当に受け入れられるのか心配したり、受け入れられた時一体何が人の琴線に触れたのかを分析したいと思った時、人が視覚的に「もの」をどうやって認知するのかを理解するのは、一つ重要な要素になります。

今回はそんな認知科学を考える上で役に立ちそうな本をご紹介します。

心を動かすデザインの秘密 荷方邦夫

心を動かすデザインの秘密
あまり学術的ではなく「デザイン」というものがどうやって人に受け入れられて行くのかをわかりやすく解説した書籍です。身近なものを例に認知心理学とデザインを結びつけています。前半は割と軽めの内容ですが後半はデザインとデザイン学の距離の遠さを語っていたりと、学問と実地をどうやって結びつけるのか考えさせられる部分もあります。

心を動かすデザインの秘密

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

アフォーダンス
ギブソンの提唱したアフォーダンスという概念をわかりやすく説明した書籍です。生態学的視覚論で挫折した方は、こちらの本はわかりやすいのでぜひ読んでいただきたいです。個人的にはアフォーダンスを語った部分よりも、人間は変形するものから知覚するという不変項について書かれた部分に興味を惹かれました。

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

教養としての認知科学 鈴木宏昭

教養としての認知科学

「教養としての」という言葉通り認知から記憶、そして思考までを網羅的に扱った書籍です。幅が広いので全体を把握してデザインに即結びつけるのは難しいですが、認知だけでなく思考の観点でも人がどうやって、物事を認知して行くのかなど書いてあって参考になります。

教養としての認知科学 鈴木宏昭

いかがでしたでしょうか、そろそろ夏休みを取られる方もいると思うので、休み明けの仕事のステップアップのためにご参考ください。


縞模様の歴史

関連記事

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 Kindle版 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也 文系と理系クリエイティブ

Kindle Unlimitedで読めたデジタル広告の良書です。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

TOYOTA PHEATON AB 完成

息抜きのつもりが息の抜けないプラモデル作り TOYOTA PHAETON AB デザインの訓練になるかも

プラモデル作りは老眼に堪えます

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト