畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.17

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊


自分が作ったプロダクトが人に本当に受け入れられるのか心配したり、受け入れられた時一体何が人の琴線に触れたのかを分析したいと思った時、人が視覚的に「もの」をどうやって認知するのかを理解するのは、一つ重要な要素になります。

今回はそんな認知科学を考える上で役に立ちそうな本をご紹介します。

心を動かすデザインの秘密 荷方邦夫

心を動かすデザインの秘密
あまり学術的ではなく「デザイン」というものがどうやって人に受け入れられて行くのかをわかりやすく解説した書籍です。身近なものを例に認知心理学とデザインを結びつけています。前半は割と軽めの内容ですが後半はデザインとデザイン学の距離の遠さを語っていたりと、学問と実地をどうやって結びつけるのか考えさせられる部分もあります。

心を動かすデザインの秘密

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

アフォーダンス
ギブソンの提唱したアフォーダンスという概念をわかりやすく説明した書籍です。生態学的視覚論で挫折した方は、こちらの本はわかりやすいのでぜひ読んでいただきたいです。個人的にはアフォーダンスを語った部分よりも、人間は変形するものから知覚するという不変項について書かれた部分に興味を惹かれました。

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

教養としての認知科学 鈴木宏昭

教養としての認知科学

「教養としての」という言葉通り認知から記憶、そして思考までを網羅的に扱った書籍です。幅が広いので全体を把握してデザインに即結びつけるのは難しいですが、認知だけでなく思考の観点でも人がどうやって、物事を認知して行くのかなど書いてあって参考になります。

教養としての認知科学 鈴木宏昭

いかがでしたでしょうか、そろそろ夏休みを取られる方もいると思うので、休み明けの仕事のステップアップのためにご参考ください。


縞模様の歴史

関連記事

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

パルプモウルド ドリンクキャリア

「誰も知らないデザイン Vol.1」アノニマスデザイン ドリンクキャリア パルプモウルド

パルプモウルドで作られた美しいドリンクキャリア。

オリンピックデザインマーケティング

グラフィックデザイナー必読 オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ

グラフィックデザイナー、そしてデザインを依頼するクライアント必読です。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト