畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.7.17

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊


自分が作ったプロダクトが人に本当に受け入れられるのか心配したり、受け入れられた時一体何が人の琴線に触れたのかを分析したいと思った時、人が視覚的に「もの」をどうやって認知するのかを理解するのは、一つ重要な要素になります。

今回はそんな認知科学を考える上で役に立ちそうな本をご紹介します。

心を動かすデザインの秘密 荷方邦夫

心を動かすデザインの秘密
あまり学術的ではなく「デザイン」というものがどうやって人に受け入れられて行くのかをわかりやすく解説した書籍です。身近なものを例に認知心理学とデザインを結びつけています。前半は割と軽めの内容ですが後半はデザインとデザイン学の距離の遠さを語っていたりと、学問と実地をどうやって結びつけるのか考えさせられる部分もあります。

心を動かすデザインの秘密

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

アフォーダンス
ギブソンの提唱したアフォーダンスという概念をわかりやすく説明した書籍です。生態学的視覚論で挫折した方は、こちらの本はわかりやすいのでぜひ読んでいただきたいです。個人的にはアフォーダンスを語った部分よりも、人間は変形するものから知覚するという不変項について書かれた部分に興味を惹かれました。

アフォーダンス 新しい認知の理論 佐々木正人

教養としての認知科学 鈴木宏昭

教養としての認知科学

「教養としての」という言葉通り認知から記憶、そして思考までを網羅的に扱った書籍です。幅が広いので全体を把握してデザインに即結びつけるのは難しいですが、認知だけでなく思考の観点でも人がどうやって、物事を認知して行くのかなど書いてあって参考になります。

教養としての認知科学 鈴木宏昭

いかがでしたでしょうか、そろそろ夏休みを取られる方もいると思うので、休み明けの仕事のステップアップのためにご参考ください。


縞模様の歴史

関連記事

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

ノイエ・グラフィーク

Neue Grafik 復刻 

スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、初期のグリッドシステムを代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。

インターフェイスデザインの心理学

インターフェイスデザインの心理学 これ一冊あればもう他いらないです

インターフェイスデザインはこの一冊でいけます。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

マルセル・デュシャン 泉

アートとビジネスの関係は二つある ロジカルからデザイン、アート思考へ?

アートとビジネスは古くから深い関係がありました。

カフェカレー

ボサノヴァはなぜダサいと言われる音楽になってしまったのか 魚民ジャズに見るオシャレ様式美

ボサノヴァは今の若い世代にはダサい音楽となってしまったそうです。

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 Kindle版 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也 文系と理系クリエイティブ

Kindle Unlimitedで読めたデジタル広告の良書です。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト