畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.5.29

小さな出版社のつくり方


「小さな出版社のつくり方」というタイトルですがハウツー本ではありません。出版にまつわる仕事、編集や本を作る上での矜持をどうもつべきかの参考になる本でした。

小さな出版社のつくり方

この本に集まった11社の小さな出版社の方々は、出版社を作る動機はバラバラでその仕事のやり方も違います。
どの出版社の話も面白いのですが、僕が特に印象に残っているのは、東大出版会出身の羽鳥書店さんです。

羽鳥書店さんは、ロゴを原研哉さんが作ったということでインパクトがあったのですが、「モノとしての本の側面も大事にしたい」というコメントからもわかるように、手間暇をかけて本作りをされているように感じました。デザイナーや編集者は職人としてこだわることはできますが、載ってくるコストを本の売価に反映させて「売れる本」を作るという出版社としてのモノづくりには頭が下がります。

羽鳥書店
※羽鳥書店ロゴ

デザイナーやライターの方など、いつかは独立して一国一城の主みたいなことを考える人は多いのではないでしょうか。この本を読んでいると決して楽しいことばかりではない、むしろ大変そうな出版社という仕事をやってみたいと思ってくるから不思議です。

出版という仕事に限らず、いろいろな仕事に通じる仕事のやり方を語ってくれる出版社の方々のコメントは、仕事のやり方に迷っている人の考えの一助になる本です。

小さな出版社のつくり方


縞模様の歴史

関連記事

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

まな板文化論

【ジャケ買いシリーズ】まな板文化論 前野洋一と勘亭流

書籍のジャケ買いシリーズ第一弾です。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

CDT

小冊子の装丁 CDT 葛西薫

本屋を一周してなにげなーく帰り際に平積みコーナーを覗くと上品なピンク地と鮮やかな紺文字で一際目立つ小冊子がありました。

iPod

アップルが本を作る Designed by Apple in California

あのアップルが本をつくったそうです。

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

装丁と仕事 世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅

シャネルのカール・ラガーフェルドやロバート・アダムスなどの写真家、ギュンターグラスのようなノーベル賞作家まで様々な顧客からの信頼を得て数年先までスケジュールが埋まっているという出版社がドイツのstei

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト