畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.5.7

「誰も知らないデザイン Vol.1」アノニマスデザイン ドリンクキャリア パルプモウルド


高速道路やガードレール、駅のベンチなど誰が作ったのかわからない無記名の強いプロダクトにこそ、本当に必要なデザインが残されているのではと思う事が多いです。そんな無記名の強いデザインのなかで、自分が気になった物を独断で紹介するのが『誰も知らないデザイン』です。

第一弾は、パルプモウルド製のドリンクキャリア。

このドリンクキャリア、マクドナルドで買い物をした際についてきたのですが、古紙を再生して造られたドリンクキャリアは機能的で無駄がなく軽いし、リサイクル可能で且つ美しい。
それでは、いろんな角度から撮ったドリンクキャリアをご覧下さい。

パルプモウルド ドリンクキャリア

パルプモウルド ドリンクキャリア

正面から。

パルプモウルド ドリンクキャリア

エンボス加工されたリサイクルマーク。

パルプモウルド ドリンクキャリア

裏面は綺麗に整形されておらず摩擦とクッション性があります。

パルプモウルド ドリンクキャリア

パルプモウルド ドリンクキャリア

ドリンクをホールドするシンプルな形状。

パルプモウルド ドリンクキャリア

これは2つのドリンク用ですが、手で簡単に二つに割れます。

パルプモウルド ドリンクキャリア

割ってみました。

パルプモウルド ドリンクキャリア

割ったところを正面から。

いかがでしたでしょうか。シンプルに機能だけを追い求めて造られた緩衝材は、形状のどこにも無駄がなく美しいです。
誰が作ったかなど気にせず、ただその機能だけを享受するデザインの正しいあり方の一つを感じます。

デザインのひきだし33


縞模様の歴史

関連記事

ios7

フラットデザインとスキュアモーフィズム

最近ipadアプリのUIをデザインしています。複雑なアプリではないのですがただ平面で考えるのではなく立体的に考えてデザインしなければいけないので面白いです。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

Think Simple

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編

これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト