畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.5.7

「誰も知らないデザイン Vol.1」アノニマスデザイン ドリンクキャリア パルプモウルド


高速道路やガードレール、駅のベンチなど誰が作ったのかわからない無記名の強いプロダクトにこそ、本当に必要なデザインが残されているのではと思う事が多いです。そんな無記名の強いデザインのなかで、自分が気になった物を独断で紹介するのが『誰も知らないデザイン』です。

第一弾は、パルプモウルド製のドリンクキャリア。

このドリンクキャリア、マクドナルドで買い物をした際についてきたのですが、古紙を再生して造られたドリンクキャリアは機能的で無駄がなく軽いし、リサイクル可能で且つ美しい。
それでは、いろんな角度から撮ったドリンクキャリアをご覧下さい。

パルプモウルド ドリンクキャリア

パルプモウルド ドリンクキャリア

正面から。

パルプモウルド ドリンクキャリア

エンボス加工されたリサイクルマーク。

パルプモウルド ドリンクキャリア

裏面は綺麗に整形されておらず摩擦とクッション性があります。

パルプモウルド ドリンクキャリア

パルプモウルド ドリンクキャリア

ドリンクをホールドするシンプルな形状。

パルプモウルド ドリンクキャリア

これは2つのドリンク用ですが、手で簡単に二つに割れます。

パルプモウルド ドリンクキャリア

割ってみました。

パルプモウルド ドリンクキャリア

割ったところを正面から。

いかがでしたでしょうか。シンプルに機能だけを追い求めて造られた緩衝材は、形状のどこにも無駄がなく美しいです。
誰が作ったかなど気にせず、ただその機能だけを享受するデザインの正しいあり方の一つを感じます。

デザインのひきだし33


縞模様の歴史

関連記事

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

ios7

フラットデザインとスキュアモーフィズム

最近ipadアプリのUIをデザインしています。複雑なアプリではないのですがただ平面で考えるのではなく立体的に考えてデザインしなければいけないので面白いです。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト