畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.5.7

「誰も知らないデザイン Vol.1」アノニマスデザイン ドリンクキャリア パルプモウルド


高速道路やガードレール、駅のベンチなど誰が作ったのかわからない無記名の強いプロダクトにこそ、本当に必要なデザインが残されているのではと思う事が多いです。そんな無記名の強いデザインのなかで、自分が気になった物を独断で紹介するのが『誰も知らないデザイン』です。

第一弾は、パルプモウルド製のドリンクキャリア。

このドリンクキャリア、マクドナルドで買い物をした際についてきたのですが、古紙を再生して造られたドリンクキャリアは機能的で無駄がなく軽いし、リサイクル可能で且つ美しい。
それでは、いろんな角度から撮ったドリンクキャリアをご覧下さい。

パルプモウルド ドリンクキャリア

パルプモウルド ドリンクキャリア

正面から。

パルプモウルド ドリンクキャリア

エンボス加工されたリサイクルマーク。

パルプモウルド ドリンクキャリア

裏面は綺麗に整形されておらず摩擦とクッション性があります。

パルプモウルド ドリンクキャリア

パルプモウルド ドリンクキャリア

ドリンクをホールドするシンプルな形状。

パルプモウルド ドリンクキャリア

これは2つのドリンク用ですが、手で簡単に二つに割れます。

パルプモウルド ドリンクキャリア

割ってみました。

パルプモウルド ドリンクキャリア

割ったところを正面から。

いかがでしたでしょうか。シンプルに機能だけを追い求めて造られた緩衝材は、形状のどこにも無駄がなく美しいです。
誰が作ったかなど気にせず、ただその機能だけを享受するデザインの正しいあり方の一つを感じます。

デザインのひきだし33


縞模様の歴史

関連記事

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

世界で勝てるブランディングカンパニー

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性

インナーブランディングを実践する前に知っておきたいポイントがありました。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

MUJI式 世界で愛されるマーケティング

MUJI式 「らしさ」の作り方

MUJIらしさとはが、とてもよくわかる一冊です。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト