畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.2.19

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美


ユニクロと無印が好き

僕は一度気に入ってしまうと同じものを繰り返し買ってしまうのですが、中でも繰り返し買う品物に入っているのがユニクロと無印良品の商品。
どれとは言いませんが、特にここ4,5年は全く同じかほぼ同じようなものを複数買い、痛んだり、使い終わったら再度同じものを買い直すということしています。
僕にとっていつでも手にはいる同じようなものというのが割と重要で、あまりもののことを気にしなくていいと言う事が良かったのですが、それが分析するとどういう事なのか、なんとなくこの本を読んだら分かりました。

この本は無印良品が出版している文庫本で「人と物」をテーマにした著作物を編集しています。第一弾が日本民藝館の館長で民藝運動の始祖 柳宗悦。

柳宗悦

「用と美」

本書の中で自分の繰り返し買う傾向を、よく言い表していると感じられたのが「用と美」の項です。
用と美を簡単に言ってしまうと、「用」とは実用のことで何か生活に役立つことを表しています。そしてここでいう「美」とはいわゆる機能美のことで、そのものが最も良く機能した時に現れる美です。

ここで重要なのは実用性と言うと単純に身体的、機能的に生活に役に立つものと連想してしまいますが、生活は心と肉体で成り立っているので、実用性があるということは心も豊かにしているということ。

また柳さんは、工藝美術のように機能を度外視した美をやんわりと否定していますが、自分的に解釈するとそのものが与えてくれる美と自分が求めている美が一致すれば、そこには美があると考えられるということです。

僕が洋服や身の回りのものに求めている「機能」はいつも手にはいる簡便さと、使う時にどれも同じようなものなので組み合わせに迷わない一定性です。見た目にはシンプルだけど組み合わせと自分に合ったサイズ感や、使いやすさを求める事で、不恰好にならない『美』を求めています。
一方で常に全ての物をユニクロで固めているかというとそうでもなく、見た目から心を豊かにしてくれる『用』としての機能を持った服であれば身につけます。「用」を求めると美がなくなってしまうではなく、用としての美を持ったものを重視したいと思っています。

書けば書くほど、用と美のパラドックスに陥りそうになってしまいますが、雑器の美などを読んでいただくとさらに理解が深まると思います。
シンプルに暮らすということが、いわゆるミニマリストになるというほど簡単な話ではないと逆に考えさせてくれた良書でした。

柳宗悦「手仕事の日本」他16全作品すべて収録


縞模様の歴史

関連記事

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

教養としての認知科学

デザインとはなにか 認知心理学からデザインを見るための3冊

デザインで役に立つ認知心理学入門書。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト