畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2018.1.28

【有楽町】ATELIER MUJI『ギフト デザインの贈りもの展 -永井敬二コレクション-』


有楽町の無印良品内にあるATELIER MUJIにて、2018年1月26日 (金)~2018年4月15日 (日) まで、『ギフト デザインの贈りもの展 -永井敬二コレクション- 』が開催されます。

Atelier MUJI

福岡在住のインテリアデザイナー、永井敬二氏が50年にわたり自分自身の目と手と足で世界中から集めた、暮らしを豊かにする膨大なプロダクトデザイン・コレクションの中から、ギフトをテーマにセレクト。

自宅に溢れんばかりに集積され、4つの倉庫に大量に収納されたコレクションの、ほんの一部をご紹介します。それらはジャンルも、家具、生活雑貨、電化製品、福祉用品、書籍など多岐に渡っています。以下、永井氏からのメッセージ。

僕とコレクションについてー
1966年に社会に出て初めて購入したのは、柳宗理さんの<バタフライチェア>でした。
日本の椅子に始まって海外の椅子を手にしたのは、その2年後のこと。イタリアの建築家ジオ・ポンティの超軽量チェア<スーパーレッジェーラ>です。それから半世紀を超えた今、僕の椅子のコレクションは1000種類を超え、椅子以外のものに至ってはその数さえ把握できていません。なぜ蒐集するのか? とよく訊かれます。まず、ものから「こっちを見て」と声をかけられるといいますか、ハッとさせられる。ものとの出会いは、何かが違うと感じ、心地よい余韻を残す「人」との関係にも似ています。そうしたものを見たい、それが何なのかを知りたい、人と分かち合いたい、という思いでひたすら集めてきました。
本展は、そのささやかなお裾分けです。
今、コレクションは不本意ながら自宅と倉庫にただ山積みの状態になっています。僕の望みは、出来る事ならばいつかこのもの達を多くの人たちと分かち合える サロンのような場所を開くことです。すばらしいものが生成するプロセスを考え、いつか皆さんと一緒に楽しめる場所を持てますように。
永井敬二

会場|無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
会期|2018年1月26日(金)~4月15日(日) (全80日間)
開場時間|10:00-21:00 (入場無料)
お問合せ|http://www.muji.com/jp/events/ateliermuji/
主催|無印良品
企画協力:永井敬二(インテリアデザイナー)、田代かおる(デザインジャーナリスト)
協力:AGC旭硝子 AGC Studio
グラフィックデザイン:木住野彰悟 (6D)
企画・運営|株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室、無印良品 有楽町 ATELIER MUJI

無印良品のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

エルメスの手しごと

エルメスの手しごと展 ”アトリエがやってきた”

エルメスの職人たちがその仕事をデモンストレーションする「エルメスの手しごと展 “アトリエがやってきた”」が表参道ヒルズスペースオーニにて開催されます。

UMA design / farm

UMA / design farm展 Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields

刺激をもらえる展覧会です。

小林徹也 うつわまるかく

小林徹也展 うつわまるかく

友人の陶芸家が展覧会をやるので宣伝です。

クリムト展

2019年 観たい美術展

あけましておめでとうございます。2019年観たい展覧会リストアップしてみました。

階段

takeo paper show 2018 precision 竹尾ペーパーショウ スパイラルにて

6月1日から3日間、表参道スパイラルにて紙メーカー竹尾が主催する展覧会、takeo paper show 2018が開催されました。 48回目を迎えるtakeo paper show 2018のテーマ

presicion takeo post

POST PRECISION『takeo paper show 2018 precision』刊行記念

takeo paper show 2018 precision再びです。

バンクシー 展

猫も杓子もバンクシー

バンクシーの展覧会に行ってきました。

NO PROBLEM

「NO PROBLEM(問題なし!)」日本のものづくりと風通し

B品に焦点をあて、「NO PROBLEM(問題なし!)」と宣言する事で受け入れ、世の中のものづくりに対する風通しを良くしようという展示がスタートします。

塩田千春

塩田千春展:魂がふるえる | 森美術館 – MORI ART MUSEUM

塩田千春に圧倒されました。

沈黙の中身はすべて言葉だった

CASE TOKYO 村越としや「沈黙の中身はすべて言葉だった」

荒木経惟「愛の劇場」でスタートした新スペースCASE TOKYOが、写真集の刊行に併せ新しい展覧会を行います。 上2枚:新刊写真集『月に口笛』©Toshiya Murakoshi CASE TOKYO

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト