畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.11.29

Adobe貂明朝体 可愛らしくも妖しい鳥獣戯画にインスパイアされたフォント


Adobeから新しい書体「貂明朝体」がリリースされました。

貂明朝
Typekit blogより

書体デザイナーは「源ノ角ゴシック」を手がけた西塚京子さん。

貂明朝はAdobeのTypekitで使えます。

鳥獣戯画にインスパイアされたというこの書体のプロポーションは端整というよりは筆運びを重視した動きがあります、線は柔かみを帯びていてやや太めです。

全体から醸し出される雰囲気は可愛らしく、セットに含まれているグリフの貂もとても可愛い。

サブスクリプションサービスを成功させデジタル開発を推進していくAdboeが、源シリーズに続いて貂明朝など新しいフォント開発をしているのは非常に興味深いです。

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版 | 12か月版 | オンラインコード版


縞模様の歴史

関連記事

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 10[秋の書体デザイナー祭]

いつも楽しいセミナーを開催してくださるFONTPLUS DAYが本日10回目です。

メガネ集合 ボックス

Oh My Glasses TOKYOでメガネを買ってみた。TYPE American Typewriter

オンラインでメガネを買ったらそのUXがとても素晴らしかったです。

勘亭流 戌 練習

歌舞伎文字 勘亭流講座体験 勘亭流で来年の干支「戌」を書いてみた 江戸美学研究会

あの歌舞伎の番付で使われる勘亭流を書いてみる講座に行ってきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト