畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.12.4

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也 文系と理系クリエイティブ


ある日カード明細を見ているとamazon Download 980円という謎の請求がありました。

購入履歴を見ても何も買ってないので不正利用かと思ったのですが、ふと思い調べてみるとkindle Unlimitedの請求と判明。以前お試しで申し込んだのを解約するのをすっかり忘れて全然使っていなかったのを思い出しました。

全く使わないので速攻で解約したのですが、どうせだからと期限まで読めるだけの本は読んでやろうと10冊ぐらい一気にダウンロードした中の一冊がこちらです。

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 Kindle版 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

仕事でWeb動画などを使い商品のPRなどをすることが多いのですが、実際にそれをWeb広告とは考えていませんでした。この本を読んでいるとWeb広告というものがいかに雑多な玉石混合の集まりから生まれ、未だに定義されることなく活用されているのかがよくわかります。そしてテクノロジーの進化は進み続けるのでいつまでたっても定義されることはないのだろうという感じがします。

Web広告だけでなくテレビなど様々な媒体の広告を手がけている著者だから書けるデジタルと過去の広告を横断した内容は、デジタル広告世代を生きる若きクリエイターの考えるスケール感を増やす一助となりそうです。

個人的に一番グッときたのは

文系頭の広告クリエイターの多くががデジタルから逃げ回るのは、ハッキリとした数字で自分の仕事が評価されるのが怖い

という一文です。

いわゆる文系脳でなんとなくいい感じにしておけばいんじゃね、になりがちな自分なのでこの一文を見たら逃げちゃダメだと連呼したくなりました。

そんなわけでいきなりKindle Unlimitedの解約忘れというネガティブなところからスタートしましたが、このサービスとりあえずガサッと集めて一気に読んで必要なことだけ取り入れるという極めて現代的な読書にはもってこいのサービスだなと実感しました。

知識に乾きがちな人にはオススメサービスです。

Kindle Unlimited


縞模様の歴史

関連記事

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト