畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.12.4

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也 文系と理系クリエイティブ


ある日カード明細を見ているとamazon Download 980円という謎の請求がありました。

購入履歴を見ても何も買ってないので不正利用かと思ったのですが、ふと思い調べてみるとkindle Unlimitedの請求と判明。以前お試しで申し込んだのを解約するのをすっかり忘れて全然使っていなかったのを思い出しました。

全く使わないので速攻で解約したのですが、どうせだからと期限まで読めるだけの本は読んでやろうと10冊ぐらい一気にダウンロードした中の一冊がこちらです。

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 Kindle版 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

仕事でWeb動画などを使い商品のPRなどをすることが多いのですが、実際にそれをWeb広告とは考えていませんでした。この本を読んでいるとWeb広告というものがいかに雑多な玉石混合の集まりから生まれ、未だに定義されることなく活用されているのかがよくわかります。そしてテクノロジーの進化は進み続けるのでいつまでたっても定義されることはないのだろうという感じがします。

Web広告だけでなくテレビなど様々な媒体の広告を手がけている著者だから書けるデジタルと過去の広告を横断した内容は、デジタル広告世代を生きる若きクリエイターの考えるスケール感を増やす一助となりそうです。

個人的に一番グッときたのは

文系頭の広告クリエイターの多くががデジタルから逃げ回るのは、ハッキリとした数字で自分の仕事が評価されるのが怖い

という一文です。

いわゆる文系脳でなんとなくいい感じにしておけばいんじゃね、になりがちな自分なのでこの一文を見たら逃げちゃダメだと連呼したくなりました。

そんなわけでいきなりKindle Unlimitedの解約忘れというネガティブなところからスタートしましたが、このサービスとりあえずガサッと集めて一気に読んで必要なことだけ取り入れるという極めて現代的な読書にはもってこいのサービスだなと実感しました。

知識に乾きがちな人にはオススメサービスです。

Kindle Unlimited


縞模様の歴史

関連記事

Think Simple

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 デザイン思考編

これからのデザイナーが読んだ方が良いのではという本を5冊「デザイン思考編」として集めてみました。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

little_design_studio

小さなデザインスタジオの、大きな影響力 ―少人数で成功した世界のデザインスタジオ30社

デザインを志す人、もしくは既にデザイナーとして活躍している人は一度は独立してデザイン事務所を持ちたいと思ったこと、もしくは独立して事務所を構えているかもしれません。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト