畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.12.4

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也 文系と理系クリエイティブ


ある日カード明細を見ているとamazon Download 980円という謎の請求がありました。

購入履歴を見ても何も買ってないので不正利用かと思ったのですが、ふと思い調べてみるとkindle Unlimitedの請求と判明。以前お試しで申し込んだのを解約するのをすっかり忘れて全然使っていなかったのを思い出しました。

全く使わないので速攻で解約したのですが、どうせだからと期限まで読めるだけの本は読んでやろうと10冊ぐらい一気にダウンロードした中の一冊がこちらです。

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 Kindle版 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

仕事でWeb動画などを使い商品のPRなどをすることが多いのですが、実際にそれをWeb広告とは考えていませんでした。この本を読んでいるとWeb広告というものがいかに雑多な玉石混合の集まりから生まれ、未だに定義されることなく活用されているのかがよくわかります。そしてテクノロジーの進化は進み続けるのでいつまでたっても定義されることはないのだろうという感じがします。

Web広告だけでなくテレビなど様々な媒体の広告を手がけている著者だから書けるデジタルと過去の広告を横断した内容は、デジタル広告世代を生きる若きクリエイターの考えるスケール感を増やす一助となりそうです。

個人的に一番グッときたのは

文系頭の広告クリエイターの多くががデジタルから逃げ回るのは、ハッキリとした数字で自分の仕事が評価されるのが怖い

という一文です。

いわゆる文系脳でなんとなくいい感じにしておけばいんじゃね、になりがちな自分なのでこの一文を見たら逃げちゃダメだと連呼したくなりました。

そんなわけでいきなりKindle Unlimitedの解約忘れというネガティブなところからスタートしましたが、このサービスとりあえずガサッと集めて一気に読んで必要なことだけ取り入れるという極めて現代的な読書にはもってこいのサービスだなと実感しました。

知識に乾きがちな人にはオススメサービスです。

Kindle Unlimited


縞模様の歴史

関連記事

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

81

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

デザイン思考が世界を変える

デザイン思考が世界を変える インハウスデザイナーが会社で居場所を見つけるために

デザイン思考の本を読んで、デザイナーとしての生きる道を考えました

世界で勝てるブランディングカンパニー

【読感】世界で勝てるブランディングカンパニー インナーブランディングの重要性

インナーブランディングを実践する前に知っておきたいポイントがありました。

adobe_logo

ADOBE LIVE Best of MAX 2015

11月11日はポッキーの日であると同時にADOBE LIVE Best of MAXの日でもあります。

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト