畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.12.4

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也 文系と理系クリエイティブ


ある日カード明細を見ているとamazon Download 980円という謎の請求がありました。

購入履歴を見ても何も買ってないので不正利用かと思ったのですが、ふと思い調べてみるとkindle Unlimitedの請求と判明。以前お試しで申し込んだのを解約するのをすっかり忘れて全然使っていなかったのを思い出しました。

全く使わないので速攻で解約したのですが、どうせだからと期限まで読めるだけの本は読んでやろうと10冊ぐらい一気にダウンロードした中の一冊がこちらです。

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 Kindle版 小霜 和也

急いでデジタルクリエイティブの本当の話をします。 小霜 和也

仕事でWeb動画などを使い商品のPRなどをすることが多いのですが、実際にそれをWeb広告とは考えていませんでした。この本を読んでいるとWeb広告というものがいかに雑多な玉石混合の集まりから生まれ、未だに定義されることなく活用されているのかがよくわかります。そしてテクノロジーの進化は進み続けるのでいつまでたっても定義されることはないのだろうという感じがします。

Web広告だけでなくテレビなど様々な媒体の広告を手がけている著者だから書けるデジタルと過去の広告を横断した内容は、デジタル広告世代を生きる若きクリエイターの考えるスケール感を増やす一助となりそうです。

個人的に一番グッときたのは

文系頭の広告クリエイターの多くががデジタルから逃げ回るのは、ハッキリとした数字で自分の仕事が評価されるのが怖い

という一文です。

いわゆる文系脳でなんとなくいい感じにしておけばいんじゃね、になりがちな自分なのでこの一文を見たら逃げちゃダメだと連呼したくなりました。

そんなわけでいきなりKindle Unlimitedの解約忘れというネガティブなところからスタートしましたが、このサービスとりあえずガサッと集めて一気に読んで必要なことだけ取り入れるという極めて現代的な読書にはもってこいのサービスだなと実感しました。

知識に乾きがちな人にはオススメサービスです。

Kindle Unlimited


縞模様の歴史

関連記事

なぜビジョナリーには未来が見えるのか?

デザイナーがビジネスの世界で活躍するために読みたい5冊

デザイナーに今後求められていくことを考えるための書籍のご紹介です。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

日本のデザイン 未来の文化とデザインのかたち

夏季休暇に考えたデザインのこと。

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

腕のいいデザイナーが必ずやっている仕事のルール125

本作りの企画案を立てているのですがなにか参考になる本ないかなーと青山ABCをぶらぶらしながら、結局いつものようにデザインコーナーに足が向き、いつの間にか手に取ってしまった本です。

判断のデザイン

判断のデザイン チップ・キッドTED Books

TED Booksからチップ・キッド「判断のデザイン」。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト