畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.11.27

良デザインフリーペーパー17種 メルカリなど


フリーペーパー各種集めました、お馴染みなものからちょっと変わったものが半分ぐらいです。それではどうぞ。

UP LINK

欲しい情報がちゃんと詰まってる正しいフリーペーパー。

アルテリチ

映画っぽさがタイトルのタイポグラフィと刷色から伝わってきます。

PRESS

反面の大きさとタイトルボールド感が強い印象です。

もりのにじ

もりのにじ

手作り感がラフな文字組みから伝わってきます。

mercari

ここにきてmercariがフリーペーパーを作っていること自体が驚きです。

Fのさかな

一風変わったさかなのフリーペーパー。

番長瓦版

瓦版というネーミングが雰囲気の一つを作っています。

OMOSAN

外国人向けのフリーペーパー、色の強さも外国っぽいです。

metropolitana

いつもリニューアルしてからイラストが効いてます。

billboard

いつも程よいゴージャス感が出てますね。

BTL

縦位置の写真が大きい反面で生きますね。

TOKYO FM

抜け感が良いですね。

BLUE NOTE TOKYO

どんなアーティストがきても違和感のないタイトル組ってよく考えるとすごいですね。

J-WAVE

イラストの雰囲気が全てな表紙です。

SALUS

珍しく食事っぽさが強くないですが、雰囲気はいつもと一緒です。

MetRO mIN

クリスマスっぽいイラストがとても可愛いです。

いかがでしたでしょうか、今回一番印象的だったのはデザインというよりmercariがフリーペーパーを作っているという事実です。
内容はmercariを通したライフスタイル提案だったのですが、正直内容はそれほど目新しさはないのですが、mercariほど成功しているサービスでもフリーペーパーを使ったブランディングに期待しているということが驚きでした。いろんな意味でフリーペーパーの可能性を感じました。

わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた


縞模様の歴史

関連記事

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

D-BROS

かっこいいデザインのショップカード白地 11枚 vol.2

ショップカード続いてしまってます。他にも書いている事とかあったりするのですがとりあえず紹介したいので先にショップカードを紹介致します。

えらべ未来

映画と展覧会のフライヤー 8種

高いクオリティで作られていることが多い展覧会と映画のフライヤーです。特に今回はイメージフォーラムでガサッと集めてしまいました。

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

Fontplus

FONTPLUS DAYセミナー Vol.2 [筑紫書体 ~書体デザイナー藤田重信氏をお招きして〜]

日頃からお世話になりまくっているFontworksさんのフォントデザイナー藤田重信さんのセミナーがあるそうです。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

のんびり

良デザインな地域のフリーペーパー、PR誌

地域活性化の情報誌なんかも良デザインなものがとても多くて感心させられてしまうことがしばしばです。 そんなフリーペーパーを少しご紹介します。

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 ―ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン:遊びある真剣、そして真剣な遊び

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション10 が2017年3月3日(金)よりスタートします。

100本のスプーン ランチ

100本のスプーン ランチメニュー ディナーメニュー

二子玉川ライズにスープストックトーキョーの100本のスプーンが出来ていました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト