畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.11.22

トランジットジェネラルオフィス × ビームス 東京っぽさ


ビームスが渋谷駅近くの桜ヶ丘に「働き」「遊び」「住む」というワークスタイルと言うよりライフスタイルを実現した「PORTAL Apartment & Art POINT」が11月にオープン予定です。

11階建のヴィンテージマンション(!)をリノベーションしたオフィス、ライフ空間は時代もスタイルもどこと特定しにくミクスチャー空間で、つまり東京っぽさを感じます。

オフィス、アパートメントのほかサービスアパートメント(家具付きのアパート)が用意されていて、サービスアパートメントではアーティスト・イン・レジデンス企画が実施されます。

アーティストインレジデンス

アーティストインレジデンス

参加アーティストは参加インドネシアで活躍するNatasha Gabriella Tontey(ナターシャ・ガブリエラ・トンティ)とタイのRUKKIT(ラキット)、二人共にビビットな色合いのアートが視覚を刺激します。
サービスアパートメントは1ヶ月から滞在可能ということでちょっと気分を変えたい時に、滞在するなんて贅沢もできそうですね。

BEAMS AT HOME~日本を代表するおしゃれクリエイター集団ビームススタッフの「暮らし」と「服」


縞模様の歴史

関連記事

神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプション

神奈川県立近代美術館 鎌倉館 クロージングレセプション

2016年1月31日神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプションが1月16日にあったので行ってきました。

レム・コールハース 行動主義

【再読】レム・コールハース ドキュメント 行動主義 滝口範子

「ぼくはもう建築には関心がない。建築をやるより人生を楽しめるよう、事務所の組織を考え直したんだ」こんなこと言ってみたい。

bauhaus

The Bauhaus バウハウスの美術品32,000点が無料で公開

ハーヴァード大学に寄贈されてきたバウハウス卒業生の作品がオンラインアーカイブとして公開されました。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

アイコニックカルタ サンクポワン

サンクポワン 現代建築アイコニックカルタ

Play with Architecture! をコンセプトに建築家が手がけるブランドCinqpoints(サンク・ポワン)が送るアイコニックカルタ。

安藤忠雄 ポートレイト

安藤忠雄展 -挑戦- 六本木新国立美術館にて

安藤忠雄 挑戦展が六本木新国立美術館で開催中です。

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト