畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.7.14

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業


デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。

判断する指標はいくつかあります、グラフィックデザインに限った話をするともっとも当たり前というか誰もが判断するのは見たままを感じる感覚でしょう。デザインの世界にいない普通の人はほとんどが好き嫌いでデザインを判断します。

デザインをちょっと勉強している人だと文字詰めやレイアウトのバランス、配色を気にしだします、プロのデザイナーになるとそのものが持つ要求が十分に表現されているのかを気にします、そのものの要求を表現するのに必要なデザインのノウハウをもっているからです。そして論理的に人の「好き」を作ります。

ポールランドデザインの授業IBMのロゴなどを作ったポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。アプリオリとは人間のコモンセンスのようなものだと思うのですが、多くの人が賛成する考え方という言葉で表現されています。例えば太陽の光を浴びると気持ちがいい、まだ誰も足を踏みいれていない雪景色は美しいとかそう言った感覚です。ここでもデザインの良し悪しは多くの人が賛同するかどうかで判断されると言ってます。

paulland_2以前グルメ本を作った際、時間がなかったため最初打ち合わせなしで製作をすることになり、こちらとしては手探りな中なかなかのものを作ったつもりだったのですが、編集の意図とだいぶズレたものを作ってしまったらしくその後の修正が大変だった事がありました。

しかし同じ本の別のページは先方の説明が詳細だったのもあり非常に気に入っていただくことが出来ました。
この場合最初の部分は編集との共通認識がなかったため編集の「好き」を作ることが出来ませんでしたが、後の部分に関しては「好き」を共有する事が出来たのですんなり通ったのです。ただし編集と自分の間では共有出来たけどそれが読者と共有出来るかはまた別の話です。しかしプロの編集は読者の好きを心得ているため読者の好きそうなものを選ぶことが出来ます。

ポールランドデザインの授業デザインには色々種類がありますがおそらくいいデザインである要素の一つとは好きの共有率が高いものではないでしょうか、こういうと当たり前のような気がしますが、例えば音楽や芸術だと好きな人が多いものが良い物という考え方をしない気がします。売上一位のアイドルポップは好きな人の数は多いと思われますが、それを優れた音楽だと認識する人は少ないと思います。

デザインは根本的な性質として多くの人に理解され受け入れられなければならない商業的な面を強く持っています。これはデザイン自体を趣味にする人が少ない事からも明らかです。ほとんどの人は仕事であれ趣味であれ必要に迫られてデザインをしています。

僕もデザインを職業にする前は趣味でいろいろなデザインを作っていましたが、それらはほとんどがアート色が強いものか誰かに頼まれて作るチラシなどでした。前者に関してはデザインという言葉で呼ぶのに違和感を感じます、アートなどと呼べるほどいいものではありませんがどちらかといえばそっちに近いです。

後者はやはり商業的であって作る以上ある程度の成果をもとめられます。故に良いデザインである一つの基準はやはり人に好かれることなのだと思います。

ポール・ランド、デザインの授業


縞模様の歴史

関連記事

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

good design store by nohara

グッドデザイン賞の賞品を集めた「グッドデザインショップ」がオープン

「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」が、KITTE 丸の内に4月28日オープン。

とらや パリ35周年祭

欲しい欲求が振り切れる 虎屋 パリ進出35周年祭 ほしよりこ

「欲しいものが欲しいわ」と言ったのは糸井重里ですが、わりといつも欲しいものが欲しい自分がいます。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

NO PROBLEM

「NO PROBLEM(問題なし!)」日本のものづくりと風通し

B品に焦点をあて、「NO PROBLEM(問題なし!)」と宣言する事で受け入れ、世の中のものづくりに対する風通しを良くしようという展示がスタートします。

仲條正義

ギャラリーハシゴ ggg、G8、シャネルネクサスホール

ギャラリーハシゴしてきました ggg、G8、シャネルネクサスホール

citron case

白いiphoneケースにつや消しスプレーを吹いたらシュガーコーティングケースに

iphoneケースが壊れてしまい新しいケースを探していたのですがなかなか見つからず、ふとした時に見つけたデコベース用と書かれたシンプルな白ケースを買ってみました。

Apple 新宿

Apple新宿体験 iPhone 8 au volteの罠

Apple新宿に行って、スタッフさんの優しさに感動したりしてました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト