畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.10.16

安藤忠雄展 -挑戦- 六本木新国立美術館にて


間違いなく日本を代表する建築家の一人であり、建築というアウトプットもそうですが、生き方や行動そのものが建築という印象がある安藤忠雄。
その安藤さんのこれまでの建築活動の軌跡を追った展覧会が国立新美術館にて開催中です。
 
安藤忠雄 ポートレイト 撮影:荒木経惟
※ポートレイト 撮影:荒木経惟

今回の展示は「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるものを生かしてないものをつくる」「育てる」6つのテーマに沿って展示されてます。

住吉の長屋
※住吉の長屋 1976年、大阪府大阪市 撮影:新建築社 写真部

「原点/住まい」の建築家としてのキャリアをスタートさせることになった住吉の長屋から、歴史・伝統と安藤忠雄の建築を折衷させたイタリア・ヴェニスのプンタ・デラ・ドガーナ,などマイルストーンとなる作品群はもちろん、何と言っても見のがせないのは、野外展示場に原寸で再現された「光の教会」です。

光の教会
※光の教会 1989年、大阪府茨木市 撮影:松岡満男

竣工から30年近く経った今も色褪せない「光」が六本木にどのように再現されているのか楽しみです。

2017年12月18日(月)まで開催です。

会 期:2017年9月27日(水)〜 12月18日(月)
休館日:毎週火曜日
開館時間:10時〜18時 金曜日・土曜日は20時まで
※9月30日(土)、10月1日(日)は22時まで
※入場は閉館30分前まで
場 所:国立新美術館 企画展示会1E+野外展示場
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 http://www.nact.jp
主 催:国立新美術館、TBS、朝日新聞社
共 催:安藤忠雄建築展実行委員会
後 援:一般社団法人 東京建築士会、TBSラジオ


縞模様の歴史

関連記事

国立西洋美術館

【News】国立西洋美術館世界遺産登録!

日本唯一のコルビュジエ建築、上野国立西洋美術館が世界遺産に登録が決まりました。

神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプション

神奈川県立近代美術館 鎌倉館 クロージングレセプション

2016年1月31日神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプションが1月16日にあったので行ってきました。

アーティストインレジデンス

トランジットジェネラルオフィス × ビームス 東京っぽさ

ビームスの作ったオフィス・アパートメントはとても東京っぽいです。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

モデュロール

デザインと黄金比 ル・コルビュジエのモデュロール

黄金比をモデュロールという独自の解釈で体系化し、実際の作品作りに役立てた筆頭といえばル・コルビュジエでしょう。

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

レム・コールハース 行動主義

【再読】レム・コールハース ドキュメント 行動主義 滝口範子

「ぼくはもう建築には関心がない。建築をやるより人生を楽しめるよう、事務所の組織を考え直したんだ」こんなこと言ってみたい。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

アントニ・ガウディとはだれか

アントニ・ガウディとは誰か 磯崎新

7/10発売のブルータスが井上雄彦さんを通したガウディ特集だったのに即発され、久々に磯崎新さんの表題の書籍を読み返しつつ、ガウディと特にサグラダファミリアについて書いてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト