畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.9.13

絶対フォント感を身につける 第三弾


MDNさんの人気企画絶対フォント感を身につけるの第三弾『明朝体編』が発売されました。

絶対フォント感を身につける

過去二回に発売された第一回、第二回はアマゾンで若干プレミア価格で販売されており人気の高さが伺えます。今回は明朝体編ということで今までフォント全般的を取り扱っていたのに対して、明朝体の成り立ちなどよりマニアックなポイントにフォーカスしています。

もちろんフォントを見極める時の見るべきエレメントに、書体の変遷の流れを通じて触れているので文字を扱うデザイナーにとっては勉強になるのはこれまで通りです。

絶対フォント感を身につける

絶対フォント感を身につける

藤田重信さんの筑紫明朝が出てきてから明朝体のフォルム追求が加速している気がしているのですが、特に活版時代のフォントの復刻築地体三号細仮名や活版印刷の滲みを再現した「にじみフォント」など、ますます奥深くなってきている明朝体をより深く知る良い機会かもしれません。

絶対フォント感を身につける 第三弾


縞模様の歴史

関連記事

フォントワークス

フォントワークスとMonotype社が業務提携 CIとCPサイトをリニューアル

フォントワークスとMonotype社が業務提携を行いました。

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

江戸から現代へ、漢字書体「真四角書体」がリリース

アイデアスケッチが江戸時代に生まれた漢字書体をスタイリッシュにリデザインした書体「真四角書体」をリリースします。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

MdN

絶対フォント感 MdN

絶対音感ならぬ絶対フォント感、アートディレクター必須のスキルです。

モリサワ エックスサーバー

モリサワの30書体がエックスサーバーで利用可能に

モリサワのフォント30種がエックスサーバーで使えるようになりました。

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト