畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.8.21

展覧会のフライヤーデザイン 30種 タイポグラフィとビジュアル


展覧会のフライヤーデザインを30種集めてみました。
展覧会のフライヤーはフライヤーの中でもレベルの高いものが多く今回は特に豊作でした、展覧会の内容を生かしながらも個性を出している素晴らしいフライヤー達をご覧ください。

タイポグラフィ

ブリューゲル

作品とタイトル文字のテイストがとてもよく合っています。

BOSTON

タイトル文字だけでBOSTON・アメリカ感を出しています。

国宝

国宝と言うタイトルをうまく作品群とうまくコラージュして組んでます。

HOKUSAI

富嶽三十六景とHOKUSAIの文字の組み方は秀逸です。

アートの秘密

タイトル組で楽しさをうまく出しています。

EXHIBTION STORAGE

細め文字で作ったタイトルが倉庫の雰囲気を出しています。

青くて青く、青い青い、山と川の見える、ふしぎなまちをつくろう

柔らかい色で作られた世界観が子供向けイベント感を出しています。

渋谷

バックに敷かれた写真と中央タイトルだけで渋谷感がありますね。

TURN

TURNの文字を3色で表現。

どらえもん

「ドラえもん」のタイトルってすごくよくできていることがこれを見ると改めてわかりますね。

怖い絵

タイトルのセリフが全体の雰囲気を牽引してますね。

狩野元信

絵師の名前に細かい仕事が見られます。

アルチンボルド展

下部のArcimboldoが実は凝っています。

ビジュアルメイン

現代の写実

メインビジュアルと真ん中のベタ部分の色のバランスが良いです。

ゴッホ

ゴッホ

ゴッホと日本の関係性をメインビジュアルの下に敷かれた赤丸と黄色で表現。

フランス人間国宝展

とても強いメインビジュアルと赤のコントラストが目に焼きつきます。

 

杉戸洋 とんぼとのりしろ

杉戸洋 とんぼとのりしろ

作品の特徴を前面に出す引き算のフライヤー。

島と星屑とガラパゴス

メインビジュアルのトーンをうまく活かすカラーバランス。

フィンランド

フクロウのモチーフと全体の配色、エレメントのバランスでうまく世界観を作っています。

エクスパンデッド・シネマ再考

パターンがとても力強いです。

コミュニケーションと孤独

シンクロニシティ

フォーマット化されながらもメインフォトの使い方で差をうまく出しています。

金澤翔子

写真の力強さが全てを語っています。

交差するアーティストたち

モノクロ写真に鮮やかな文字が良いコントラストです。

肌理と写真

写真の色をとてもよく生かしたレイアウトです。

日本の家

ビジュアルの流れと一緒に上からストンと落ちてくるレイアウトが秀逸。
七宝

わかり辛いですが右側は折られていてそこに模様が拡大してあります。

国立近代美術館 MOMATサマーフェス

太めの線で作られたメインビジュアルが目を引きます。

いかがでしたでしょうか、フライヤーというととてつもない数が作られていますが中でも展覧会ほどクオリティが安定して高いのはないかもしれません、関わる人間のデザインやアートに対する感覚の深さがクオリティにつながっていそうですね。

心にササるチラシデザイン


縞模様の歴史

関連記事

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

BALMUDA

小さめパンフレットのデザイン 20選

パンフレットの中でもA5サイズぐらいのやや小型目サイズのパンフレットデザインを集めました。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

フランシスハ

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 15枚

ライフワークで集めているデザイン良しのフライヤー。 A4サイズは以前ご紹介したので今回はB5以下で小さめだけどきらりと光るものをご紹介します。

国際展示場前

デザインの敗北、日本美意識の敗北 テプラ・ラミネート文化の勝利

デザインは本当に敗北しているのか考えてみました。

NEW STANDARD KANTO

フライヤーのデザイン 18種

いろんな種類のフライヤーデザインを集めました、今回かなりバラエティに飛んでいて体型的にまとめられていないのですがざっくばらんにご紹介です。

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

THE SHOP

THE SHOP | ハイスタンダードなアイテム達

この年になるとTシャツはここの、靴はここのやつなど自分の中のスタンダードが決まってきます。 自分のセレクト感覚とあまりにも近い感覚のお店を発見して、感動すら覚えたのでご紹介します。

Peeji名刺

ロゴを作りました、ついでに名刺も。

たいしたトピックじゃないのですが、ちょっと前からロゴを変えてみました。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト