畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.8.16

江戸から現代へ、漢字書体「真四角書体」がリリース


8月1日より、デザインスタジオのアイデアスケッチが江戸時代に生まれた漢字書体をスタイリッシュにリデザインした書体「真四角書体」をリリースします。

メイン画像

先月「真四角博覧会」をお知らせしたばかりでしたが展示スタート前に発売されていました。

真四角

角字

真四角の元になった江戸時代の文字「角字」

作字風景

真四角書体は、プロダクトデザインなどの現場でアルファベット書体が選ばれることに着目し、漢字書体の記号化に取り組んだプロジェクトです。漢字が持つ象形要素を極限までそぎ落とし、デフォルメされたフォルムが特徴的。


プロダクトイメージ。

真四角書体の詳しい情報はこちらより

https://www.ideasketch.jp/stores/mashikaku-gothic

プロダクトデザインに使うベースの素材フォントとしてはややデザインされすぎているような気もしますが、今リリースで出ているようなベーシックな使い方ではなく、組み合わせ次第では面白いデザインになりそうです。

下記リンクからさまざまなプロダクトで真四角書体を使用したイメージをシミュレーションすることができる「真四角図案機」を試せます。

真四角図案機


縞模様の歴史

関連記事

ヘルベチカブック

書体へのマニアへの誘い helvetica book

デザインをするしないにかかわらず知っている人が多いであろう書体ヘルベチカ、なんとなく知っているようで実は知らなかったり、ヘルベチカだと思っていた書体が実はヘルベチカじゃなかったりといろいろなことに気が

横浜トリエンナーレ

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー

日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

デザインあ

「デザインあ」の書体 ヒラギノUD

「デザインあ」というEテレの番組があって、昨年はデザインサイトで展覧会をやったりするぐらい人気なのですが、番組内で使われている書体がとても見やすいので気になって調べてみました。

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

モリサワ

モリサワ新書体発表

日本を代表するフォントメーカーモリサワがA1ゴシックを含む17書体を今秋リリース予定です。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

にじみフォント比較

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝

font,fontplus,大日本印刷,にじみフォント,藤田重信

Lee Kyeongsoo

イ・ギョンスによるタイポグラフィ展 迷い鳥たち:文字の練習 PRINT GALLERY

白金の裏通りにひっそりとありながら、上質な展示をしてくださるPRINT GALLERYさんで久しぶりの展示があります。

モリサワ エックスサーバー

モリサワの30書体がエックスサーバーで利用可能に

モリサワのフォント30種がエックスサーバーで使えるようになりました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト