畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2017.8.7

Andy Warholの誕生日、8月6日より順次発売! Andy Warhol × ROOTOTE コラボレーショントート


ユニクロのTシャツからラムネの缶までフリー素材のごとく使われているアンディ・ウォーホルの作品を使ったトートバッグがROOTOTEさんから発売です。

ROOTOTE

ROOTOTEさんは2006年からウォーホルを題材にした商品を制作されているそうです。

ウォーホルといえばシルクスクリーン印刷を使い作品を大量生産したりキャンベルスープやマリリン・モンローを題材にした作品を作るなど、モチーフの無記名性も一つの特徴なので現代のマス向け商品に再利用されているのはその事実だけでパラドックスを感じます。

ROOTOTE

ROOTOTE

ROOTOTE

とはいえ、なんだかんだ欲しくなってしまうかっこよさがありますね。

Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)
本名アンドリュー・ウォーホラ(Andrew Warhola) 1928年8月6日にペンシルバニア州ピッツバーグで誕生。幼い頃より写真や絵画に興味を持つ。カーネギー工科大学卒業後、 ニューヨークへ移り商業アーティストとして『ヴォーグ』、『ハーパース・バザー』や『ニューヨーカー』などの雑誌のイラストや広告を手掛ける。1952 年に最初の個展を行い、その4年後には、現代美術館にて美術展を開催。大衆が日々あこがれ親しんだものからモチーフを選び、キャンベルスープやマリリン・モンロー、エルビスシリーズなど20世紀アートの象徴となる作品を制作した。また、写真から水彩画まで様々な分野で活躍し、80年代にはMTVのトークショーのホストもつとめた。1987年2月22日、20世紀で最も偉大な功績を残したアーティストの一人としてこの世を去った。聖パトリック大聖堂で行なわれた葬儀には2000人以上の人々が出席した。

ROOTOTE(ルートート)
「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」がコンセプトのトートバッグ専門ブランドです。使用シーンに最適な大きさや形、豊富なデザインバリエーションを常に提案しています。普段使いに便利な機能を備えたデザインは、お気に入りのルートートを探す楽しさを幅広い年代の方に感じて頂けるはず。限定品やコラボレーション企画も多数展開しています。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。

HP    http://ROOTOTE.jp

8月6日本日より発売です。

ぼくの哲学 アンディー・ウォーホル


縞模様の歴史

関連記事

エマニュエル・ソーニエ展

銀座メゾンエルメスでエマニュエル・ソーニエ展、ジャズピアニストのモンクへ捧げるオマージュ

銀座メゾンエルメス フォーラムにて7月14日から「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展が開催されます。

ローラン・グラッソ

ローラン・グラッソ展|メゾンエルメス Soleil Noir

先日ご紹介したメゾンエルメスですが、Le Forumではアートの展示もやっています。11月11日からローラン・グラッソというフランス人のアーティストの展示が始まったので行ってきました。

19_edo_fireworks

江戸東京博物館 WEB動画公開

4月1日リニューアルオープンした江戸東京博物館の動画が公開されました。

GUCCI

GUCCI 4 ROOMS 真鍋大渡らのインスタレーション

GUCCIがアーティストとコラボレーションした展示が始まりました。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

Image-Makers_pressrelease_J1

イメージメーカー展 21_21 デザインサイト

JEAN PAUL GOUDEの事を知ったのは敬愛する三宅純さんのアルバムジャケットで。

六本木アートナイト

六本木アートナイト2016 名和晃平とグルーヴィジョンズ

六本木の街を使って開催されるアートイベント、六本木アートナイトの第7回が今秋開催されることに決まりました。

akatsuka

シュールなバランス「赤塚不二夫のココロ」展

スパイラルで2015年に生誕80年を迎える赤塚不二夫の原画と大きくプリントされたキャラクターや漫画、自分が映り込める書き割などが展示された展覧会をやっていたので行ってきました。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

ロマン・チェシレヴィチ

ggg ギンザグラフィックギャラリー ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

ギンザグラフィックギャラリーにてロマン・チェシレヴィチの展示開催中。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト