畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.8.2

モリサワ新書体発表


日本を代表するフォントメーカーモリサワがA1ゴシックを含む17書体を今秋リリース予定です。

今回とても興味がわく思考で作られているのが『みちくさ』という書体。
これは文字の並びによって書体の形状が変化する連綿体仕様になっていて日本独自の縦組みで力を発揮します。ウェブフォントに実装できると縦組みのウェブの訴求力が増しそうです。

今は縦組みだけですが言葉によって形状が変化するフォントが進化すると今デザイナーが手作業でやっている微調整がオープンタイプ機能とAIで補完されていく時代がきて、デザイナーの仕事また新たなステージに進みそうです。

モリサワ

A1ゴシック

A1ゴシック

A1明朝の基本となる骨格を参照して作成された、 オールドスタイルのゴシック体ファミリーです。 線画の交差部分の墨だまり表現や、 エレメントの端々に僅かな角丸処理を加えることで、 温もりのあるデザインに仕上げています。 LからBまで4つのウエイトで展開されています。

みちくさ

みちくさ
連綿体サンプル

みちくさ
連綿体サンプル
ふところを絞った骨格と、 やわらかく現代的なエレメントから構成される明朝体風のデザイン書体です。 独創的で豊かな表情のかなは、 多種多様な連綿体や代替字形が用意されており、 OpenType機能を使用することで、 縦組みの際に文脈を考慮した連綿体などを呼び出すことができます。

対象製品
MORISAWA PASSPORT製品
MORISAWA Font Select Pack製品
クラウドフォントサービス TypeSquare

提供時期
2017年 秋

2017年新書体特設ページはこちらから
www.morisawa.co.jp/topic/upg2017/

MORISAWA PASSPORT ONE


縞模様の歴史

関連記事

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

フォントマッチングブック 表紙

PIE International フォント マッチングブック アイデア秀逸

紙媒体に関わるデザイナー、編集者におすすめのフォントマッチングブック。

MdN

絶対フォント感 MdN

絶対音感ならぬ絶対フォント感、アートディレクター必須のスキルです。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

デザインあ

「デザインあ」の書体 ヒラギノUD

「デザインあ」というEテレの番組があって、昨年はデザインサイトで展覧会をやったりするぐらい人気なのですが、番組内で使われている書体がとても見やすいので気になって調べてみました。

横浜トリエンナーレ

タイポグラフィーをメインビジュアルに使ったフライヤー

日々いたるところで目にするフライヤーですが、写真やイラストが極力使われていない文字の力でデザインされたものを集めてみました。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト