畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.6.20

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS


定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONTPLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

typeKIDS

今回は日本タイポグラフィ協会顕彰「第16回佐藤敬之輔賞」を受賞された今田欣一さんが登壇されます。

fontplus

以下Webより開催概要です
今田さんがアドバイザーをつとめた「typeKIDS」という勉強会で取り組んできた座学(活字書体の変遷)、演習(樹脂活字や写植文字盤などの製作)を通した8年間のエッセンスを語っていただきます。

※「typeKIDS」のKIDSはKinichi Imada Design Studio(=今田欣一デザイン室)の略称です。 「typeKIDS」はグラフィック・デザイナーや学生たちが集い、さまざまな体験を通じて活字書体を学ぶプロジェクト(2009年4月~2017年3月)の名称です。

今田さんは、大学卒業後、写研に入社し、石井賞(石井賞創作タイプフェイスコンテスト第1位)を2回受賞しています(1982年「ボカッシイG」、1988年「いまりゅうD」) 。また、かな民友、秀英明朝、ヘルベチカなどのリデザインにも携わりました。 写研では文字開発部デザイン課課長をつとめられ、1997年に独立。「有限会社今田欣一デザイン室」を設立しました。それからずっと、エネルギッシュに書体制作を続けています。 今年で活字書体制作に携わって40年、「欣喜堂」創業20年と伺いました。今田さんの書体設計に対するお話、楽しいに違いありません。

残念ながら定員いっぱいとなっており、キャンセル待ちとなっておりますが直前でキャンセルがでて入れることも多いのでウォッチしてみてください。

ヴィネット―Typography journal (11)


縞模様の歴史

関連記事

SALT & SOIL DELICATESSEN

良デザインショップカード 2015夏 渋谷

新しい街や久々に足を運んだ街では紙物の収穫が大きいです。 今回は渋谷近辺で収穫した物たち、白地ベースとカラフルなのを両方混ざっています。

トーマス・ルフ

良デザインフライヤー 25選

フライヤーがそこそこまとまった数集まったのでご紹介です。

instant print

hakoniwa5周年記念イベント アナログとデジタル祭り Instant Print 世田谷ものづくり学校

hakoniwaさん主催のイベントで見つけたSNSとオフラインのつなぎ方。

the Future

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 14枚

以前B5サイズ以下の良デザインフライヤーをご紹介しましたが、まだコレクションがあったので残りもご紹介します。

iPod

アップルが本を作る Designed by Apple in California

あのアップルが本をつくったそうです。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

パピエドレ

かっこいいデザインのショップカード 白地編 動画あり

色んな場所に行ってショップカードを集めているのですが、その中でもこれはというものがある程度集まったのでご紹介します。今回は中でも一番好きな白地メインのショップカードだけを集めてみました。

カリモク60

良デザインパンフレット 8種 大きさいろいろ

商品パンフレットなどだと特定の種類が定まらず形も大きさもかなりばらばらです、そんなパンフレットを気の向くままに集めたものをそのままご紹介です。

BALMUDA

小さめパンフレットのデザイン 20選

パンフレットの中でもA5サイズぐらいのやや小型目サイズのパンフレットデザインを集めました。

ROHDIA

RHODIA 爆買い、でもないか

いろいろありましてRHODIAを爆買いしました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト