畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.6.20

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS


定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONTPLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

typeKIDS

今回は日本タイポグラフィ協会顕彰「第16回佐藤敬之輔賞」を受賞された今田欣一さんが登壇されます。

fontplus

以下Webより開催概要です
今田さんがアドバイザーをつとめた「typeKIDS」という勉強会で取り組んできた座学(活字書体の変遷)、演習(樹脂活字や写植文字盤などの製作)を通した8年間のエッセンスを語っていただきます。

※「typeKIDS」のKIDSはKinichi Imada Design Studio(=今田欣一デザイン室)の略称です。 「typeKIDS」はグラフィック・デザイナーや学生たちが集い、さまざまな体験を通じて活字書体を学ぶプロジェクト(2009年4月~2017年3月)の名称です。

今田さんは、大学卒業後、写研に入社し、石井賞(石井賞創作タイプフェイスコンテスト第1位)を2回受賞しています(1982年「ボカッシイG」、1988年「いまりゅうD」) 。また、かな民友、秀英明朝、ヘルベチカなどのリデザインにも携わりました。 写研では文字開発部デザイン課課長をつとめられ、1997年に独立。「有限会社今田欣一デザイン室」を設立しました。それからずっと、エネルギッシュに書体制作を続けています。 今年で活字書体制作に携わって40年、「欣喜堂」創業20年と伺いました。今田さんの書体設計に対するお話、楽しいに違いありません。

残念ながら定員いっぱいとなっており、キャンセル待ちとなっておりますが直前でキャンセルがでて入れることも多いのでウォッチしてみてください。

ヴィネット―Typography journal (11)


縞模様の歴史

関連記事

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

SLOW HOUSE

パンフレットデザイン9種 二子玉川 山梨 他

パンフレットを少し集めました、今回は旅行で行った山梨から富士山関係で少しと二子玉川近辺、他で少しです。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

mineo free tank

mineoのデザイン そしてキャリアをmineoに変更

mineoに切り替えたら色々捗りそうです。

PP_graphic_trial_2013

グラフィックトライアル 2014 印刷博物館P&Pギャラリー

凸版印刷のプリンティングディレクター(PD)と協力し、印刷グラフィック表現の可能性を探るこの展示、今回は浅葉克己さん、水野 学さん、長嶋りかこさん、南雲暁彦さんが参加されるそうです。

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

instant print

hakoniwa5周年記念イベント アナログとデジタル祭り Instant Print 世田谷ものづくり学校

hakoniwaさん主催のイベントで見つけたSNSとオフラインのつなぎ方。

WELEDA

良デザインのフリーペーパー 21選 新聞紙のようなもの、再発掘

久しぶりのフリーペーパーです、家を整理していたら出てきたものや銀座、二子玉川近辺で発見したものなどなかなかの量が集まりました。

abstract art of design

ABSTRACT Art of Design NETFLIX デザインする勇気

デザインで行き詰まっている人は見るといい、かもです。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト