畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.6.19

「NO PROBLEM(問題なし!)」日本のものづくりと風通し


ものづくりにおける品質の担保は常にそれをチェックする人によってもたらされてます。

日本のものづくりが世界的に評価されてきたのはその確かな観察眼によるところも大きいですが、一方で大量のB品と呼ばれる廃棄品も生み出してきました。

この展示はそんなB品に焦点をあて、「NO PROBLEM(問題なし!)」と宣言する事で受け入れ、世の中のものづくりに対する風通しを良くしようという試みです。

NO PROBLEM

「NO PLOBLEM(問題あり!)」

以下Webより開催概要です
製品の製造過程で必ず生まれてしまうB品と呼ばれる製品を「NO PROBLEM(問題なし!)」として受け入れることを通して、いまの日本におけるデザインと生活の風通しをよくしようとする「NO PROBLEM プロジェクト」
VISION GLASS JPをはじめ、カワイイファクトリーの原田環や中山真理、音楽・映像クリエイターの岡篤郎、プロダクトデザイナーの高橋孝治らが参加するプロジェクトチームによる、「NO PROBLEM 展」の東京展がGOOD DESIGN Marunouchiで6月20日から7月17日、神戸展がデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の7月29日から8月13日に開催される。
同プロジェクトは、1年あまりをかけて、開化堂、木村硝子店、松野屋、SIWA | 紙和、ヤマサキデザインワークス、マルニ木工など、日本のメーカー、企画デザイン会社、卸問屋など、さまざまな立場の人々への取材や、ムンバイのBOROSIL社とその工場、販売店への取材を行ってきた。その成果を展覧会とタブロイド紙、2つのメディアを通じて発表していく。

個人的には実際にプロダクト作りに関わってしまうと、NO PROBLEMと言える事は少なくむしろPROBLEMを見つける事が仕事な側面があります。

同じB品に焦点を当てた試みとしてはパスザバトンのB品の上からプリントをして新しいプロダクトとして再生させるなどB品を前向きに捉える試みがありますが、この展示ではどのようなアプローチでB品を取り上げているのか非常に気になります。

完璧なユーザー体験を求めたとき必ず生まれるB品、一方で神経質さがもたらす世の中の風通しの悪さがどのようにバランスしていくのかのヒントになりそうな展示です。

PASS THE BATON Goat&Wolf Remake tableware plate


縞模様の歴史

関連記事

gooddays

フリーペーパーのデザイン 16種 新聞紙、小型、大型

2017年一発目のコレクション紹介はフリーペーパーです。

FES WATCH

First Flight FES WATCH U Eインクで表情が変わる時計

Eインクでスキンが自由に変えられるFES WATCH U、かっこよすぎます。

BOOK AND BED KYOTO

BOOK AND BED KYOTO

泊まれる本屋で有名なBOOK AND BED TOKYOが京都にできました。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

J.S.BURGERS CAFE

フリーペーパーのデザイン20選 

フリーペーパーを集めました、割とこれまでも集めているものが多かったですが初めてみるものも幾つかあります。前半はカラフル、後半は新聞紙系です。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

ひろがるデザイン

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2016 GOOD DESIGN EXHIBITION

なんかやたら長いタイトルになってしまいましたがTOKYO MIDTOWNでDESIGN TOUCHが始まっていました。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

TOKYO FAMILY RESTAURANT

かっこいいデザインのショップカード 色付き編 21種類 PINTEREST

過日公開したかっこいいデザインのショップカードの、白地ベースではなく色が感じられるものたちを集めたセレクションです。

PP_graphic_trial_2013

グラフィックトライアル 2014 印刷博物館P&Pギャラリー

凸版印刷のプリンティングディレクター(PD)と協力し、印刷グラフィック表現の可能性を探るこの展示、今回は浅葉克己さん、水野 学さん、長嶋りかこさん、南雲暁彦さんが参加されるそうです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト