畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2017.6.16

銀座メゾンエルメスでエマニュエル・ソーニエ展、ジャズピアニストのモンクへ捧げるオマージュ


いつもよい企画展を贅沢な空間で展開している銀座メゾンエルメス フォーラムにて7月14日から「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展が開催されます。

エマニュエル・ソーニエ展

「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展

展覧会HPより、エマニュエル・ソーニエ概要

エマニュエル・ソーニエ Emmanuel Saulnier
1952年、フランス、パリ生まれ。さまざまな地理的、歴史的文脈における記憶あるいは忘却、また危うい均衡の上に成り立つ現代社会における人間の実存について、彫刻作品や有志の協働者との出版活動などを通じて探究している。現在フランス(パリ)およびトルコ在住。2002年からパリ国立高等美術学校の教鞭も執る。主な個展に「Black Dancing」(パレ・ド・トーキョー、2017年)、「Emmanuel Saulnier / Odilon Redon」(オルセー美術館、2007年)、「Place blanche, Place noire」(アトリエ・ブランクーシ、ポンピドゥー・センター、2004年)など。「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」(ポンピドゥー・センター・メス、森美術館、 2015年)や「Traces du Sacré」(ポンピドゥー・センター、2008年)などのグループ展にも参加。2010〜2014年、エルメス財団のアーティスト・イン・レジデンスにメンターとしてアーティストを推薦。

今回の展覧会のテーマがセロニアス・モンクということが一番惹かれるところですが、公開されている写真を見るとなんとなく空白を感じる間の取り方にモンクっぽさを感じます。

7月14日より銀座メゾンエルメス フォーラムにて開催です。

Solo Monk


縞模様の歴史

関連記事

神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプション

神奈川県立近代美術館 鎌倉館 クロージングレセプション

2016年1月31日神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプションが1月16日にあったので行ってきました。

新国立美術館

新国立美術館10周年

新国立美術館が出来てから10周年だそうです。

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展

あゝ新宿 アングラストリートジャズ展 6月3日より 山下洋輔と菊地成孔の対談も

2016年大きな反響を呼んだ「あゝ新宿 ー スペクタクルとしての都市」展の第2弾として「あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ」展が開催されます。

仲條正義

ギャラリーハシゴ ggg、G8、シャネルネクサスホール

ギャラリーハシゴしてきました ggg、G8、シャネルネクサスホール

ミシェル・ブラジー

「リビングルームⅡ」 ミシェル・ブラジー展 メゾン・エルメス

生命の誕生と朽ち果てる文化のような両極を感じさせるアート。

bauhaus

The Bauhaus バウハウスの美術品32,000点が無料で公開

ハーヴァード大学に寄贈されてきたバウハウス卒業生の作品がオンラインアーカイブとして公開されました。

THE TOKYO ART BOOK FAIR

アジア最大のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」天王洲アイルで10月5日から

アジア最大のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」天王洲アイルにて10月5日から4日間開催します。

スティーヴン・ムシン

スティーヴン・ムシン展 「Now, If, What, Then ‘Farming Tokyo ーみんなとつくるまち’ 」

スパイラルにてオーストラリアメルボルンのイラストレーター、スティーブ・ムシン展が開催されてます。

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオ・デ・ジャネイロ オリンピック 閉会式

リオオリンピック閉会式、豪華な日本のプレゼンでした。

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館 東京都美術館以上?のコレクション 若冲も見た中国・高麗の美術品

岩崎弥太郎の弟、岩﨑彌之助とその子小彌太によって創設された美術館に行ってきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト