畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

Art

2017.6.16

銀座メゾンエルメスでエマニュエル・ソーニエ展、ジャズピアニストのモンクへ捧げるオマージュ


いつもよい企画展を贅沢な空間で展開している銀座メゾンエルメス フォーラムにて7月14日から「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展が開催されます。

エマニュエル・ソーニエ展

「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展

展覧会HPより、エマニュエル・ソーニエ概要

エマニュエル・ソーニエ Emmanuel Saulnier
1952年、フランス、パリ生まれ。さまざまな地理的、歴史的文脈における記憶あるいは忘却、また危うい均衡の上に成り立つ現代社会における人間の実存について、彫刻作品や有志の協働者との出版活動などを通じて探究している。現在フランス(パリ)およびトルコ在住。2002年からパリ国立高等美術学校の教鞭も執る。主な個展に「Black Dancing」(パレ・ド・トーキョー、2017年)、「Emmanuel Saulnier / Odilon Redon」(オルセー美術館、2007年)、「Place blanche, Place noire」(アトリエ・ブランクーシ、ポンピドゥー・センター、2004年)など。「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」(ポンピドゥー・センター・メス、森美術館、 2015年)や「Traces du Sacré」(ポンピドゥー・センター、2008年)などのグループ展にも参加。2010〜2014年、エルメス財団のアーティスト・イン・レジデンスにメンターとしてアーティストを推薦。

今回の展覧会のテーマがセロニアス・モンクということが一番惹かれるところですが、公開されている写真を見るとなんとなく空白を感じる間の取り方にモンクっぽさを感じます。

7月14日より銀座メゾンエルメス フォーラムにて開催です。

Solo Monk


縞模様の歴史

関連記事

森岡書店

森岡書店 舘野 鴻

前から行ってみたかった銀座「森岡書店」に行きました。

ロマン・チェシレヴィチ

ggg ギンザグラフィックギャラリー ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

ギンザグラフィックギャラリーにてロマン・チェシレヴィチの展示開催中。

スティーヴン・ムシン

スティーヴン・ムシン展 「Now, If, What, Then ‘Farming Tokyo ーみんなとつくるまち’ 」

スパイラルにてオーストラリアメルボルンのイラストレーター、スティーブ・ムシン展が開催されてます。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

カール・ラガーフェルド

太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール・ラガーフェルド写真展 シュタイデル

シャネルネクサスホールにてカール・ラガーフェルドの写真展が開催されます。

akatsuka

シュールなバランス「赤塚不二夫のココロ」展

スパイラルで2015年に生誕80年を迎える赤塚不二夫の原画と大きくプリントされたキャラクターや漫画、自分が映り込める書き割などが展示された展覧会をやっていたので行ってきました。

man ray satie

Bunkamura エリック・サティとその時代展 NADiff modern

もっとも好きな音楽家の一人、エリック・サティが生きた時代の芸術家の作品やサティの直筆楽譜などを展示する展覧会がBunkamuraで始まったので行って来ました。

神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプション

神奈川県立近代美術館 鎌倉館 クロージングレセプション

2016年1月31日神奈川県立近代美術館 鎌倉館のクロージングレセプションが1月16日にあったので行ってきました。

新国立美術館

新国立美術館10周年

新国立美術館が出来てから10周年だそうです。

プレイマウンテン

大地に残るデザイン モエレ沼公園 イサムノグチ

四国にあるイサム・ノグチ美術館に行って以来その彫刻作品の質感や、形状が生み出す空間とのいい意味での違和感に魅了されていたぼくは、たまたま行く用事のあった札幌の時間の合間を縫って見学してきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト